栄養満点の「わかさぎ」を天ぷらで!基本のレシピをマスターしよう

わかさぎって食べていますか?小さいけれど栄養豊富なわかさぎは、カルシウムだけでなく女性にうれしい栄養素がたっぷり入っています。今回は基本の天ぷらからアレンジレシピまで、捌くなどの下処理不要な楽チンレシピをご紹介します!

小さくても栄養豊富なわかさぎ

カラッと油で揚げたわかさぎはサクサクしておいしいですよね。秋から出回り始めるわかさぎですが、実は栄養素が豊富って知っていましたか?カルシウムはもちろん、女性にとってうれしい成分が多く、しかも丸ごと食べられるから栄養素を取り入れやすいんです。

今回は、わかさぎについての健康効果やおすすめレシピをご紹介します。

わかさぎは冬が旬

わかさぎは湖などでの氷上の穴釣りで知られている、10cmぐらいの小さい魚です。秋から市場へ出回りますが、抱卵する冬から春先が旬です。

骨が柔らかく内臓もクセが少ないため、頭からしっぽまで丸ごと食べることができます。味は淡泊なので、頭や内臓を付けたまま揚げるのが一般的ですが、煮たり揚げ煮にするのもおすすめですよ。

わかさぎは栄養素も豊富!

骨が柔らかく丸ごと食べられるため、カルシウムを補うのに最適です。カルシウムはイライラした気持ちを抑えるとされているので、ストレスの多い現代社会では積極的にとりたいミネラルの1つです。

カルシウムの吸収を高めるビタミンDも含まれているので、妊娠中や授乳中の女性、骨粗しょう症が気になる年代の方や育ち盛りの子供にとってもおすすめです。

他にも、貧血予防によい鉄分や、ビタミンB群、Eも含まれているので、肌荒れや口内炎の予防にも役立つと言われています。

小さくて淡泊な味のお魚に、こんなに栄養素がぎっしり詰まっているなんて、びっくりですよね。

わかさぎのさばき方

わかさぎは下処理することなくそのまま丸ごと食べられますが、内臓を取る方法もあります。今回は道具を使わず、かんたんに取る方法をご紹介します。どうしても内臓が気になる、内臓が苦手という方はやってみてください。
わかさぎのあごの部分をつまんで、尾びれの方に引っ張ると、内臓が出てきます。それを頭の方へ引っ張って取り出します。内臓が残っている場合は、外から頭の方向へ手で押し出すようにすると取ることができます。

基本のわかさぎの天ぷらを作ろう

わかさぎを使った料理といえばまず天ぷらですよね。あまりわかさぎを調理したことがないという方もここから始めてみましょう。

材料

・わかさぎ……適量
・薄力粉……100g
・卵……1個
・水……100cc

作り方

1. わかさぎを塩水で洗い、キッチンペーパーで水気を取る。

2. ボウルに卵・水・薄力粉を入れ、さっくりと混ぜ合わせて衣を作る。

3. わかさぎに衣を薄くつけ、180度の油で揚げる。

4. お好みで、塩や天つゆを添えたら完成。
特別な材料や行程はまったく必要ないので、気軽に挑戦できるメニューです。衣を作るときは、できるだけ冷たい水を使うのがおいしくつくるポイントですよ!

おいしいわかさぎレシピ5選

1. わかさぎの南蛮漬け

特集一覧

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう