ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

下処理もばっちり!わかさぎ天ぷらのレシピ

わかさぎは湖などでの氷上の穴釣りで知られている、10cmぐらいの小さい魚です。秋から市場へ出回りますが、抱卵する冬から春先が旬です。 骨が柔らかく内臓もクセが少ないため、頭からしっぽまで丸ごと食べることができます。味は淡泊なので、頭や内臓を付けたまま揚げるのが一般的ですが、煮たり揚げ煮にするのもおすすめですよ。

材料(3人分)約115kcal/人

・わかさぎ……12尾 ・薄力粉……100g ・卵……1個 ・水……100cc

わかさぎの下処理

わかさぎのあごの部分をつまんで、尾びれの方に引っ張ると、内臓が出てきます。それを頭の方へ引っ張って取り出します。内臓が残っている場合は、外から頭の方向へ手で押し出すようにすると取ることができます。

作り方

1. 下処理の済んだわかさぎを塩水で洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。 2. ボウルに卵・水・薄力粉を入れ、さっくりと混ぜ合わせて衣を作ります。 3. わかさぎに衣を薄くつけ、180度の油で1〜2分揚げます。 4. お好みで、塩や天つゆを添えたら完成です。
特別な材料や工程はまったく必要ないので、気軽に挑戦できるメニューです。衣を作るときは、できるだけ冷たい水を使うのがおいしく作るポイントですよ!

天ぷら以外も!わかさぎの人気レシピ5選

1. わかさぎの南蛮漬け

わかさぎをカラッと揚げて、南蛮漬けにしてみましょう。このレシピでは米粉を使っていますが、小麦粉でももちろんOK。ゆずの香りがふわっと香る上品な酸味の南蛮漬けです。頭からまるごといただきましょう。

2. わかさぎのガーリックチーズ揚げ

シンプルなから揚げに飽きてしまったら、衣に変化をつけましょう。基本のからあげの衣に、チーズとガーリックパウダーを加えるだけです。チーズの味が食欲をそそり、あとを引くおいしさ。魚が苦手なお子さまにも喜ばれそうですし、おつまみにしてもいいですね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS