「ふくらまない」を防ぐ!簡単シュークリームの基本レシピ

あま~いクリームの入ったシュークリーム。お店によってクリームや食感が違いますよね。いろんなシュークリームを食べ比べてみるのも楽しいですが、自分好みのシュークリームを作ってみてはいかがですか?今回は簡単にできるレシピをご紹介!

基本のシュークリーム作りにチャレンジ!

シュークリーム

Photo by mikA.K

堅焼きシューやクッキーシューなど、いろいろなシュークリームがありますね。最近は中に詰めるクリームも様々。バニラ風味のカスタードから桜風味のクリームまで見かけるようになりました。

今回は定番のカスタードクリームが入ったサクサクシューの作り方をご紹介します。むずかしいと思われがちですが、細かなポイントだけ押さえておけば、気軽に作れちゃいます。

材料(6cm程度9個分)

材料(6cm程度9個分)

Photo by mikA.K

【シュー】
・A 水      60ml
 A 牛乳     60ml
 A バター    50g
 A 塩      小さじ1/3 
・薄力粉      70g
・卵(Ⅿサイズ)  3個

 
【カスタードクリーム】
・牛乳             330ml
・卵黄(Ⅿサイズ)       4個
・グラニュー糖         80g
・薄力粉            30g
・バニラエッセンス       適量
・生クリーム          200~250ml
・グラニュー糖(生クリーム用) お好みで

下準備

【シュー生地】
・卵は器に割り入れ、よく混ぜておく。
・薄力粉は振るっておく。
・天板に合わせてオーブンシートをカットしておく。
・オーブンを200℃に温めておく。

【カスタードクリーム】
・薄力粉を振るっておく。

作り方

1. シュー生地を作ります。鍋にAの材料を入れ、中火で煮立たせる。沸騰したら火を止め、バターをしっかり溶かしましょう。
生地がとけた鍋

Photo by mikA.K

2. 鍋を火からおろして布巾の上に乗せ、振るった薄力粉を一気に加えます。生地がひとまとまりになるまで木べらで手早く混ぜましょう。
作り方

Photo by mikA.K

3. 鍋を再び火にかけます。焦げないように弱火で。木べらのまましっかりと練り混ぜていきます。生地につやが出て、鍋底に薄い膜ができるのが目安。(テフロン加工の鍋だと膜が張りにくいので、指先で触ってみて少し熱いと感じるくらいがベスト)
作り方

Photo by mikA.K

4. 生地が熱いうちに素早くボウルに移し入れ、溶き卵の1/3量を加えてゴムベラで練り混ぜます。全体がなじんだら残りの卵の1/3量を加えて練ります。残りの卵を生地の状態(手順5参照)を見ながら少しずつ加えて混ぜます。
作り方

Photo by mikA.K

最初は混ざりにくいと感じますが、一定のところから一気に卵が生地に入ります。生地を細かくして混ぜるのがコツです。
作り方

Photo by mikA.K

5. 生地をゴムベラで持ち上げてみましょう。ゆっくりとまとまって落ち、ゴムベラに残った生地の端が三角になるくらいがちょうどいい固さです。
作り方

Photo by mikA.K

6. 生地が温かいうちに、丸口金をつけた絞り出し袋に入れます。オーブンシートを敷いた天板に約4cmの円形に絞り出す。絞り出し袋の口金部分に手を添え、ゆっくりと絞り出しながら持ち上げるようにするのがコツ。
作り方

Photo by mikA.K

7. 指に水をつけ、絞り出したシュー生地のとがった部分を軽くならします。(写真奥の生地のように)全体に霧吹きで水をかけます。水をかけることでサクッとした仕上がりになります。
作り方

Photo by mikA.K

8. 200℃に予熱しておいたオーブンで10分焼き、扉を開けずに180℃に下げて20分焼きます。ここで注意したいのが、絶対に扉を開けないこと。生地の割れ目にも焼き色がついたのを確認してから取り出してください。取り出したらケーキクーラーの上などに乗せて冷ましておく。
作り方

Photo by mikA.K

9. カスタードクリームを作ります。牛乳を鍋に入れ、火にかけます。周りがふつふつと沸いてきたら火を止めます。
作り方

Photo by mikA.K

10. 卵黄にグラニュー糖を加え、白っぽくなるまで泡だて器ですり混ぜます。そこに振るっておいた薄力粉を加えて粉けがなくなるまで混ぜます。
11. 温めた牛乳を少しずつ加えながら混ぜます。一度に加えると卵黄が固まってしまうので注意。しっかりと混ざったら鍋に戻し入れ中火にかけます。
作り方

Photo by mikA.K

12. 泡だて器で絶えず混ぜます。徐々に固まってくるので注意しながら火を入れましょう。もったりとしてきたら火を弱めて1分ほど火にかけながら混ぜ続けましょう。
作り方

Photo by mikA.K

13. きれいなボウルに移し、クリームにぴったりとラップをしてひと回り小さいボウルなどに氷を入れたものや保冷剤をのせて冷やしましょう。傷みやすいので素早く冷却するのがコツです。
作り方

Photo by mikA.K

カスタードが冷えたらバニラエッセンスを加えてハンドブレンダーなどで滑らかになるまで攪拌する。固いと感じた場合は分量外の生クリームで調整してください。生クリームを角が立つまで泡立てる。甘くしたい場合はお好みでグラニュー糖を加えてください。
バニラエッセンスでもいいですが、バニラビーンズを使うとより本格的になります。その際はバニラビーンズのさやにナイフで切れ目を入れ、種をしごき出します。牛乳を温めるとき(行程9)に種とさやを入れましょう。鍋に戻し入れるときに漉してください。
15. 冷めたシュー生地の上部1/3部分をカットして、カスタードクリームと生クリームを絞り出します。下部分にカスタードクリーム、上部分に生クリームを。上部のシュー生地をかぶせて粉砂糖を振るってできあがり。
作り方

Photo by mikA.K

切らないで詰めたい場合は行程14でカスタードクリームに混ぜる生クリームを増やし、柔らかめのクリームにします。シュー生地の底部分に箸などで穴をあけ、細い口金をつけた絞り出し袋で詰めていきます。
作り方

Photo by mikA.K

一気に絞り出してしまうと穴からあふれ出てきてしまったり、シュー生地が破裂してしまうので注意してください。

膨らまない原因は?徹底解説!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mikA.K

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう