ライター : ako0811

兵庫県西宮市在住の手作り大好き主婦です。特に野菜やお魚、フルーツなど健康的なレシピが好きです。また、外国文化にも興味があり、エスニックなもの、お酒にあうピリ辛なもの、世界を…もっとみる

フライパンで!「ぶりの照り焼き」の基本レシピ

まずは、基本のぶりの照り焼きの作り方をご紹介します。macaroni編集部のプロの料理家が考案するレシピなので、初心者の方はこちらの作り方から覚えてみるといいですね。
調理時間:15分

材料(2人分)279kcal/人(※)

・ぶり……2切れ ・塩(下味用)……少々 ・小麦粉……適量 ・サラダ油……大さじ1/2杯 a. 酒……大さじ1杯 a. みりん……大さじ1杯 a. 砂糖……大さじ1/2杯 a. 醤油……大さじ1杯

下ごしらえ

・ぶりは両面に塩をふり、10分置いて余分な水分をペーパーで拭き取ります。

作り方

Photo by macaroni

1. ぶりに薄く小麦粉をまぶします。

Photo by macaroni

2. フライパンにサラダ油を引いて中火で熱し、1のぶりを入れて3〜4分焼きます。

Photo by macaroni

3. 厚みの半分ほど白っぽく色が変わったら、裏返してさらに2分ほど焼きます。

Photo by macaroni

4. ぶりを一旦取り出し、フライパンの余分な油をペーパーで拭き取ります。

Photo by macaroni

5. 4のフライパンに、(a)の調味料を入れて煮詰めます。

Photo by macaroni

6. 5のたれにツヤが出てとろみがついてきたら、一度取り出したぶりをフライパンに戻し入れ、スプーンでたれをかけながら絡めます。

Photo by macaroni

7. ぶりに十分にたれが絡んだら火を止めて完成です。お皿に盛り付け、お好みで焼きネギを添えていただきましょう。
【レシピ提供 macaroni】

ぶりの照り焼きを作るときのポイント

下ごしらえで臭み抜き

ぶりだけでなく、魚介類や肉類を調理する際は臭みがどうしても気になってしまいますよね。臭み消しのためにも、下ごしらえは丁寧におこなう必要があります。今回の場合、ぶりに塩を振って出た水分をしっかりと拭き取ることで、臭みを抑えられますよ。

小麦粉でパサパサを防いでふっくらと

ぶりを調理するとパサついてしまいがち。ぶりの照り焼きを作ったことがある方なら、経験があるかもしれませんね。パサパサしないようにするためには、切り身に小麦粉をまぶすのが有効です。旨みが閉じ込められ、ふっくらジューシーに仕上げられます。

特集

FEATURE CONTENTS