晴れの日を祝おう!出世魚「ぶり」の呼び名と順番をていねいに解説♪

脂ののった出世魚「ぶり」は、日本人の大好物。大きくなるごとに名前が変わることは広く知られていますが、実はその呼び名は地域によって細かく違うんですよ!今日はそんなぶりについて、各地の名前の違いや順番をていねいに解説していきます。

2019年4月24日 更新

地方によって出世魚の名前が違う

氷や松の葉の上に並んだ大きなぶり

Photo by Snapmart

成長につれて呼び名がどんどん変わっていく「ぶり」。ぶりのように稚魚から成魚になるまでの間、成長に応じて次々と名前が変わっていく魚のことを出世魚といいます。

実は成長過程の呼び名も地方によって異なるということをご存知でしたか?たいていの出世魚は地方によって呼び名が違っては来るのですが、こと「ぶり」に関しては同じ出世魚であるスズキやボラと比べても群を抜いて地方差が大きいと言われています。

ぶりの出世の順番

「ぶり」という名前になるまでは、名前が少なくとも3回変わります。一般的に

・35cm以下の稚魚
・35cm~60cmのもの
・60cm~80cmのもの
・80cm以上のもの(ぶり)


というグレードで名前が変わります。地方によっては80cm以下であっても重さが8kg以上あれば「ぶり」と呼ぶこともあるようです。

【地域別】出世魚「ぶり」の呼び名

氷の上に並んだ小さめのぶり「つばす」

Photo by Snapmart

関東地方のぶりの呼び名

まずは、関東地方の名前の変わり方からご紹介しましょう。

・モジャコ(稚魚)
・ワカシ(35cm以下)
・イナダ(35~60cm)
・ワラサ(60cm~80cm)
・ぶり


と、ぶりに到達するまで4回名前が変わるのです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう