食べ方いろいろ!カリンを使った人気レシピ8選

秋から冬にご近所の庭先やスーパーで見かけることのある「カリン」の人気レシピをご紹介します。カリンのエキスはのどをいたわるやさしい自然の恵み、果肉入りのジャムは食物繊維たっぷりです。ぜひ参考にしてくださいね♪

2019年11月7日 更新

生でも食べられる?カリンのおいしい食べ方

テーブルに置かれた3つのカリン

Photo by Snapmart

カリンは長野県・山梨県・香川県などで栽培が盛んですが、秋から冬にかけて全国で収穫されます。実の全体が明るい黄色になり、甘い香りがすると食べ頃のサインです。

とはいってもこのカリン、繊維質が非常に多くとてもかたいうえに渋みがキツイため、生で食べることはできません。砂糖やはちみつに漬け込みシロップにする、果実酒にする、ジャムにするなど加工するのが一般的です。

カリンの選び方と保存方法

おいしいカリンの選び方

ムラなく全体が明るい黄色に色付いているものを選ぶ事です。購入時に色付いていなくても、追熟させればOKです。その際には、表面につやがあり、傷がなくずっしりと重みを感じるものを選びましょう。

そして、香りも大事なポイントです。熟したカリンからはかぐわしい匂いがするものです。なので、鼻を近づけみて香りをたしかめてみましょう。

カリンの保存方法

冷蔵庫には入れず、新聞紙などにつつんで冷暗所で保存しましょう。ただし果皮に緑色が残っている場合は、追熟させる必要があるため、直射日光の当たらないすずしい場所に置き、全体が黄色に染まり、香りがたってくるまで待ちましょう。

ジャムやシロップにして♪ カリンの人気レシピ8選

1. かりんのコンポート

まずは、砂糖に漬け10〜15分ほど煮込んで作るコンポートのレシピです。カリンは酸味が強いので、細かく切ってください。味見をして酸味を強く感じるようであれば、砂糖の量を増やして調整してくださいね。

2. カリンのはちみつ漬け

フレッシュなフルーツのように食べることができないカリンは、エキスをたっぷり含んだシロップにするのがおすすめ。こちらは、スライスしたカリンをはちみつ漬けにしています。カリンはとてもかたいので、包丁作業に気をつけましょう。

3. お口でとろけるカリン水飴

こちらはカリンのエキスを鍋で煮詰めた「カリン水飴」です。そのままはもちろん、お湯で溶いてドリンクにしたり、ヨーグルトにトッピングにしてもおいしいですよ。

皮と種を煮て漉した煮汁で、スライスした実と砂糖を煮ます。さらにザルで漉してトロミがつくまで煮詰めます。舌で溶けるすっきり味わいが魅力の水飴です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう