ライター : riku_mama

6歳のヤンチャな男子を子育て奮闘中のママです!食が細く、好き嫌いの多い息子のために日々おいしそうなレシピを模索しています。パンが大好きで、小さなパン屋の製造補助をしながらmac…もっとみる

三宝柑ってどんなもの?

スーパーで三宝柑を見かけたりすることもありますが、どんな果物でどんな味なのかご存知ですか? 三宝柑はミカン科の果物で、柚子ダイダイの自然交配種。三宝柑は江戸時代、和歌山城内で発見され珍しさとおいしさから三宝に乗せて殿様に献上されていたことから三宝柑という名がついたそうです♪ 見た目はデコポンそっくりで、並んでいたらどちらなのか迷ってしまうくらいですよね。中の果肉はオレンジ色というより黄色が強いので酸っぱそうに見えますが、苦味もなく爽やかな甘味を感じることができますよ。

デコポンと何が違う?

三宝柑とデコポン。ふたつの果物を並べたとき、どちらが三宝柑でどちらがデコポンかわかりづらいですよね。見た目では中々判断することはできません。 しかし半分に切って見比べてみると違いは一目瞭然!三宝柑は皮が分厚く、果肉は黄色みが濃いことがわかります。そして種が多いことが欠点です。 デコポンは、皮は薄くレンジ色をしています。そして種がないので食べやすいのがうれしいポイントですよね。 味わいですが、三宝柑は酸味、甘味ともにまろやかでさっぱりした上品な味わいデコポンは清美とポンカンの交配種なので、ふたつのいいところを譲り受けています。甘味も酸味もあり、プリっとジューシーな味わいなのです。どちらもおいしく食べたいですよね♪

三宝柑の旬と見分け方

三宝柑の旬

三宝柑は和歌山県の特産果実。紀南から紀中にかけて、全体の約9割の三宝柑が栽培されています。三宝柑の収穫は1月から5月頃で、2月中旬から4月頃に最盛期を迎えるようです。旬の時期としては、3月から4月に春の訪れとともに食べ頃を迎えます♪

おいしい三宝柑の見分け方

三宝柑を選ぶときのポイントは表面の艶と張り、そして重みを比べることです。 皮の艶感がよく張りがあり、葉がついているものはしっかり枝についているものが新鮮と言えます。また持ったときに実が詰まっていて、ずっしり重みのあるものを選びましょう。 表面の皮が柔らかくなっていたり、ついている葉が枝からすぐに取れてしまうようであれば鮮度が落ちているということ。そして手に取ったとき、軽く感じるものは水分が抜けてしまっていることが多いので注意しましょう♪

三宝柑の食べ方

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS