「ばら寿司」ってなに?ちらし寿司との違いとおすすめレシピが知りたい!

ちらし寿司はよく知っているけれど、ばら寿司とはどのようなものか詳しくは知らない方も多いのでは?そんなばら寿司についての雑学とおいしいばら寿司のレシピを合わせてご紹介します。きっと今夜の夕食に作りたくなりますよ♪

ばら寿司とは?

ばら寿司ってどんなお寿司?

ばら寿司とは酢飯に細かく切った魚介や干ししいたけ、そのほかの具材を混ぜこんだお寿司を指します。ばら寿司は具材を「バラバラにする」ことから、ばら寿司という名称になりました。また関西ではバラバラにすることを「ばらす」といいます。さまざま具材を混ぜこむばら寿司は、食べやすく、いろいろな具材の味が楽しめます。ひと品でたくさんの食材を食べられるので栄養バランスもいい料理です。

ばら寿司の発祥は?

ばら寿司は岡山県の郷土料理です。江戸時代初期に岡山藩三代藩主、池田光政公が倹約のため、庶民のぜいたくを禁じて「一汁一菜」にすることを命じました。そこで庶民たちが考案したのがばら寿司。寿司の中にいろいろな食材を混ぜてひとつの料理にすれば「一菜」になるということで、ばら寿司が広まったんだとか。

岡山県以外にも各地にそれぞれの土地の特徴をもったばら寿司があります。

各地のばら寿司はどんなもの?

岡山のばら寿司

前述したように江戸時代に庶民の知恵から生まれた岡山のばら寿司。岡山は瀬戸内海からの海の幸と山の幸が豊富にあります。基本のばら寿司は魚のつけ酢とひとつひとつに味つけをした具材を酢飯に混ぜて作ります。いろいろな味を楽しめる味わい深いばら寿司です。

富山のばら寿司

ます寿司が名産の富山。そのます寿司のルーツといわれているのが、あゆのなれ寿司と呼ばれる郷土料理です。

もちろん富山は海産物がおいしいお店としてもおなじみで、ばら寿司も人気です。北陸のおいしい海鮮を堪能しましょう。

京都のばら寿司

京都府北部の丹後地方のばら寿司は、焼きさばのそぼろを使うのが特徴です。焼そぼろのほかには錦糸卵、しいたけ、かまぼこなどの具材を使います。甘辛い風味のばら寿司です。丹後では特別な記念日やおもてなしのときにばら寿司を作るのが風習とか。

ばらずしとちらし寿司の違いは?

ばらずしとちらし寿司、名前が違うだけで一見同じもののように思えますが、実は具材の扱い方に違いがあります。酢飯と具材をご飯に混ぜて作るばら寿司に対して、ちらし寿司は酢飯の上に具材を散らします。

具材を「散らす」ことから、ちらし寿司という名称がついているのです。

おすすめばら寿司レシピ5選

1. 丹後のばら寿司

さばの水煮缶を使ってそぼろを作った丹後のばら寿司。丹後では「まつぶた」と呼ばれる浅い木箱にばら寿司をつめます。食べるときは切り分けてお皿に。おもてなしのひと品にぴったりのばら寿司です。

2. 簡単豚コマれんこんばら寿司

特集

SPECIAL CONTENTS