「ばら寿司」ってなに?ちらし寿司との違いとおすすめレシピが知りたい!

ちらし寿司はよく知っているけれど、ばら寿司とはどのようなものか詳しくは知らない方も多いのでは?そんなばら寿司についての雑学とおいしいばら寿司のレシピを合わせてご紹介します。きっと今夜の夕食に作りたくなりますよ♪

2018年11月4日 更新

ばら寿司とは?

ばら寿司ってどんなお寿司?

ばら寿司とは酢飯に細かく切った魚介や干ししいたけ、そのほかの具材を混ぜこんだお寿司を指します。ばら寿司は具材を「バラバラにする」ことから、ばら寿司という名称になりました。また関西ではバラバラにすることを「ばらす」といいます。さまざま具材を混ぜこむばら寿司は、食べやすく、いろいろな具材の味が楽しめます。ひと品でたくさんの食材を食べられるので栄養バランスもいい料理です。

ばら寿司の発祥は?

ばら寿司は岡山県の郷土料理です。江戸時代初期に岡山藩三代藩主、池田光政公が倹約のため、庶民のぜいたくを禁じて「一汁一菜」にすることを命じました。そこで庶民たちが考案したのがばら寿司。寿司の中にいろいろな食材を混ぜてひとつの料理にすれば「一菜」になるということで、ばら寿司が広まったんだとか。

岡山県以外にも各地にそれぞれの土地の特徴をもったばら寿司があります。

各地のばら寿司はどんなもの?

1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう