食べておきたい春の果物10選!おいしい見分け方とレシピも♪

いちごやさくらんぼ、夏ミカンなど、春にはおいしい果物がたくさん!そこで今回は、旬のうちにぜひ食べておきたい春の果物について、豆知識やオススメレシピをご紹介していきます!おいしい見分け方もあるので、ぜひ参考にしてみてください♪

2018年11月6日 更新

春は果物が食べたい!春の果物15選!

冬の間はみかんばかり食べていたという人も、きっと多いですよね。温かい春になるといろいろな果物が出回るので、果物好きにはうれしい限りです♪春の果物は、ビタミンが豊富に含まれているものが多いのが特徴。

酸味があってさわやかな柑橘類の多くも、春から初夏にかけて旬を迎えるのですよ。具体的に春の果物には何があるのか、これからさっそく見ていきましょう♪

1. いちご

いちごの旬「12月~5月」

いちごの特徴

いちごの特徴はなんといっても、ビタミンCが豊富に含まれることです。甘い味からは想像できないかもしれませんが、100gあたりの含有量はレモンよりも多いほどなのです!いちごは12月ごろから出回り始めますが、旬のいちごの方は酸味が少なく甘みが強まります。生産量日本一の品種は、栃木県産「とちおとめ」です。

おいしいいちごの見分け方

おいしいいちごは表面に光沢があり、ヘタのところまで赤くなっているもの。ふっくらと盛り上がっていて、大きさは小さめのものから中くらいのものがより甘い傾向にあります。ヘタのすぐ下がくびれていたり、ひび割れしていたりして形がいびつなくらいのほうが、おいしい場合も多いですよ。
1 / 11

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう