作り方

1. 材料を入れるカクテルシェイカーを用意します。 2. ライムジュース・クランベリージュース・ホワイトキュラソーを各10mlずつ投入。 3. ウォッカを30ml注ぎます。 4. すべての材料が入ったら、シェイカーに氷を入れて振ります。 5. 振りおえたら、カクテルグラスに注いで出来上がり! ※グラスのサイズによって、材料の分量は調整しましょう。ウォッカは事前に冷蔵庫で冷やしておくのがおすすめ。ライムジュースは、生絞りを使うとよりおいしくなります。

コスモポリタンにはカクテル言葉がある

花言葉や宝石言葉があるように、カクテルにも「カクテル言葉」というものがあることを知っていますか? 「カクテル言葉」とは、バーテンダーなどから口コミや書籍などで伝わる、知る人ぞ知るロマンチックな知識。最近ではネットなどでもひそかに話題に。そして、この美しい「コスモポリタン」に付けられているカクテル言葉は「華麗」というもの!こういったカクテルが持っている意味を、バーなどでのコミュニケーションに折り込めると素敵ですね♪

知っておきたいウォッカベースのカクテルレシピ3選

1. スクリュードライバー

ウォッカベースのカクテルの定番「スクリュードライバー」。グラスに氷とウォッカ、そして、オレンジジュースを注いでステアするだけでできる簡単カクテルです。オレンジジュースの甘みと酸味を、ウォッカがすっきりと引き締めてくれて飲みやすいのが特徴。思ったよりも、アルコール度数は高めなのでご注意を!

2. ソルティドッグ

さっぱりとしたグレープフルーツ、そして、グラスのフチの塩の組み合わせが絶妙な人気のカクテル「ソルティドッグ」。ガラスの端に塩や砂糖を付けるタイプのカクテルは「スノースタイル」と呼ばれるのですが、この「ソルティドッグ」はそのなかでも有名なもののひとつ。シェイカーがなくても簡単に作れるのも魅力です。

3. モスコミュール

とても人気の高いスタンダードカクテルのひとつ「モスコミュール」。この名前には、「モスクワのラバという動物に蹴飛ばされたように効く」という意味があるのだとか!ウォッカにライムを絞って、ジンジャーエールで割った簡単なカクテルです。食前・食後を問わず飲めるのも魅力♪

華麗な「コスモポリタン」にぜひチャレンジ♪

ピンクやレッドといった美しい色彩が特徴のカクテル「コスモポリタン」。カクテル言葉として「華麗」という意味をもつ通り、とても素敵なカクテルとなっています。人気のドラマにも登場した、がんばる女性にぴったりなカクテルなのも魅力!ウォッカベースで、あとはジュースなどの組み合わせなので飲みやすいのも嬉しいところ。作り方も、シェイカーさえあれば簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ