生ワインは香り高く新鮮な味わい♪おすすめ3選とつまみレシピをご紹介!

みなさん、生ワインってご存知ですか?ワイン好きな方にはもちろん、ワインが苦手という方でも楽しめるお酒なのですよ。おすすめの生ワインから、生ワインに合うおつまみレシピまで、幅広くご紹介します。試してみる価値ありですよ。

生ワインってどんな飲み物?

生ワインとは、濾過も加熱殺菌もしないワインのことです。

通常ワインを瓶詰めする際、ワイン中に残っている酵母菌をフィルター等で濾過するか火入れ殺菌をおこなうのが一般的です。そのまま酵母を残しておくと、瓶内で発酵を続けスパークリングワインになってしまうのですよ。

酵母をそのままボトル内に残し、酸化防止剤も添加していない生ワインは、にごりや微炭酸を感じることができます。また、体にいい酵素やビタミンが豊富に含まれているのも特徴のひとつですね。香りが高く、ワイン本来のフレッシュなおいしさが感じられますよ。

生ワインは防腐剤などを使わず出荷されるので、海外から日本に入ってくることは滅多にありません。生ワインには日本産のものが多いのも特徴ですね。また、生ワインは糖分が十分にアルコールに変わらないうちに飲むことが多いため、それ程アルコール度数は高くありません。そのため、生ワインは比較的飲みやすいと言われています。

生ワインの賞味期限は?

基本的にワインに賞味期限はありません。きちんと冷蔵保存すれば数か月間でも風味を保つことができるそうです。

しかし、生ワインはとてもデリケートで温度変化に非常に敏感なので、各商品ごとに賞味期限を設定していることが多いですよ。製造より2週間から6ヵ月程度のものがほとんどです。

一般的なワインに比べて味の変化が速いため、開栓後は早めに飲み切ることを推奨していますよ。

おすすめの生ワイン3選

生ワインについてわかったところで、インターネット通販サイトでも気軽に購入できるおすすめの生ワインをご紹介します。同じ生ワインでもそれぞれ味わいや風味が異なるので、自分に合った商品を選んでみましょう。

新 要冷蔵生ワイン

まず最初にご紹介するのは、国産と米国産のコンコード葡萄果汁を発酵させて作った要冷蔵の生ワインです。コンコード種赤葡萄の中でも香りと甘みの強いものを原料として使用しています。そのため、フレッシュでフルーティーな中にもコクを感じられる味わいに仕上がっていますよ。

井筒 生にごりワイン 

次にご紹介する生ワインは、2017年の秋に収穫する葡萄だけで造る2017年産の井筒生にごりワインです。原料から瓶詰めまですべて長野県産にこだわっていますよ。葡萄の果実味がしっかり生きていてフレッシュな味わいのこの商品は、ワインが苦手という方でも飲みやすく、毎年完売の人気ぶりなのです。

アニー 生ワイン

最後にご紹介するアニー白ワインは、提携農場で土壌からこだわって育てた特別な葡萄で作られています。葡萄そのものを飲んでいるような口当たりのいいこのワインは、お酒がほとんど飲めないという方でもついつい飲みすぎてしまうほどの飲みやすさです。葡萄のみずみずしさを存分に味わえる一杯ですよ。

生ワインと一緒に食べたいおつまみ3選

フレッシュな味わいがおいしい生ワインにぴったりなおつまみレシピをご紹介します。ささっと簡単に作れるものばかりですので、生ワインを飲むときにはぜひ作ってみてくださいね。

1. 生ハムいちじく

いちじくを生ハムで巻くだけの簡単おつまみレシピです。いちじくの甘みに生ハムの程よい塩気が絶妙にマッチしたひと品ですよ。クリームチーズと一緒に食べれば、病みつきになること間違いなしですね。オリーブオイルで後味さっぱりなので、葡萄のフレッシュな味わいの生ワインと相性ぴったりですよ。

2. マッシュルームのパン粉焼き

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ayuren

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう