「コスモポリタン」ってなに?大人の女性のためのおしゃれカクテル♪

ピンクやレッドの色合いが美しいカクテル「コスモポリタン」。ウォッカやクランベリーなどをシェイクしたカクテルは、品のある甘みと爽やかな酸味が人気です。ここでは、このカクテルの魅力から作り方までご紹介!ほかのウォッカベースのカクテルの作り方も♪

「コスモポリタン」とは?

コスモポリタンってどんなカクテル?

「コスモポリタン」とは、アメリカなどでよく飲まれているウォッカベースのカクテル。ピンクやレッドといった美しい色彩が特徴です。この鮮やかな色合いは、クランベリージュースによるもの。品のある甘みと、クランベリーとライム果汁のさわやかな酸味が魅力的なカクテルです。

このカクテルは、日本でも人気となったアメリカのドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で主人公がいつもオーダーしていたもの。その影響もあって、日本でも女性を中心として人気の高いカクテルのひとつとなっています。

「コスモポリタン」という名前の意味

このカクテルの名前「コスモポリタン」とは、「国際人」や「世界共通」という意味をもつ言葉。また、どこにも故郷をもたない「根なし草」という意味もあるのだとか。アメリカでは「コズモ」と略されることが多いようです。

その正確な名前の由来はわかっていないのですが、女性の社会進出や国際社会化が顕著になりはじめていた1980年代ごろから有名になってきたのだとか。つまり、がんばる女性にぴったりなカクテルということができるでしょう。

気になる度数は?

このカクテル「コスモポリタン」のアルコールの濃度は、16度くらいとちょっと高め。日本で発売されているビールが、だいたい4度から5.5度くらいなので、その3倍から4倍くらいのアルコール濃度ということになります。ですが、とてもフルーティなカクテルなので、すっきりと飲めてしまうのも魅力。おいしいからといって、飲み過ぎにはご注意を♪

「コスモポリタン」のレシピ

材料

・ウォッカ(またはシトラス・ウォッカ)
・ホワイトキュラソー (コアントロー)
・クランベリージュース
・フレッシュライムジュース (市販のもので可)
・氷

作り方

1. 材料を入れるカクテルシェイカーを用意します。
2. ライムジュース・クランベリージュース・ホワイトキュラソーを各10mlずつ投入。
3. ウォッカを30ml注ぎます。
4. すべての材料が入ったら、シェイカーに氷を入れて振ります。
5. 振りおえたら、カクテルグラスに注いで出来上がり!

※グラスのサイズによって、材料の分量は調整しましょう。ウォッカは事前に冷蔵庫で冷やしておくのがおすすめ。ライムジュースは、生絞りを使うとよりおいしくなります。

コスモポリタンにはカクテル言葉がある

花言葉や宝石言葉があるように、カクテルにも「カクテル言葉」というものがあることを知っていますか?

「カクテル言葉」とは、バーテンダーなどから口コミや書籍などで伝わる、知る人ぞ知るロマンチックな知識。最近ではネットなどでもひそかに話題に。そして、この美しい「コスモポリタン」に付けられているカクテル言葉は「華麗」というもの!こういったカクテルが持っている意味を、バーなどでのコミュニケーションに折り込めると素敵ですね♪

知っておきたいウォッカベースのカクテルレシピ3選

1. スクリュードライバー

ウォッカベースのカクテルの定番「スクリュードライバー」。グラスに氷とウォッカ、そして、オレンジジュースを注いでステアするだけでできる簡単カクテルです。オレンジジュースの甘みと酸味を、ウォッカがすっきりと引き締めてくれて飲みやすいのが特徴。思ったよりも、アルコール度数は高めなのでご注意を!

2. ソルティドッグ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう