ライター : y_nakagawa

おいしい物、おいしいお店、便利なキッチンアイテム。グルメにまつわるいろいろをお届けします。

「コスモポリタン」とは?

コスモポリタンってどんなカクテル?

「コスモポリタン」とは、アメリカなどでよく飲まれているウォッカベースのカクテル。ピンクやレッドといった美しい色彩が特徴です。この鮮やかな色合いは、クランベリージュースによるもの。品のある甘みと、クランベリーとライム果汁のさわやかな酸味が魅力的なカクテルです。 このカクテルは、日本でも人気となったアメリカのドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で主人公がいつもオーダーしていたもの。その影響もあって、日本でも女性を中心として人気の高いカクテルのひとつとなっています。

「コスモポリタン」という名前の意味

このカクテルの名前「コスモポリタン」とは、「国際人」や「世界共通」という意味をもつ言葉。また、どこにも故郷をもたない「根なし草」という意味もあるのだとか。アメリカでは「コズモ」と略されることが多いようです。 その正確な名前の由来はわかっていないのですが、女性の社会進出や国際社会化が顕著になりはじめていた1980年代ごろから有名になってきたのだとか。つまり、がんばる女性にぴったりなカクテルということができるでしょう。

気になる度数は?

このカクテル「コスモポリタン」のアルコールの濃度は、16度くらいとちょっと高め。日本で発売されているビールが、だいたい4度から5.5度くらいなので、その3倍から4倍くらいのアルコール濃度ということになります。ですが、とてもフルーティなカクテルなので、すっきりと飲めてしまうのも魅力。おいしいからといって、飲み過ぎにはご注意を♪

「コスモポリタン」のレシピ

材料

・ウォッカ(またはシトラス・ウォッカ) ・ホワイトキュラソー (コアントロー) ・クランベリージュース ・フレッシュライムジュース (市販のもので可) ・氷
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS