2. 紙コップカレーパン

カレーを食べた翌日は、残ったカレーをホットケーキミックスで作ったカレーパンにリメイクしてみてはいかが?カレーは温め直し不要、冷たいまま入れてOKなので手軽に作れます。マフィンカップや紙コップに入れれば、食べやすさがアップします。 オーブンで焼いて粗熱がとれたら、ポリ袋に入れておくとしっとりした食感が保てます。

3. 白だし豆乳カレーうどん

残ったカレールーを白だしでのばせば、蕎麦屋さんで食べるようなカレーうどんのつゆが作れます。カレー鍋に白だしと豆乳を入れて、鍋肌についたカレールーをこそげるように混ぜていけば、カレー鍋を洗うのもラクになりますよ。 アスパラやいんげんを新たに加えると、彩りがよくなります。えびの天ぷらやお餅をトッピングするのもおすすめです。

チキンカレーを得意料理にしよう♪

基本からアレンジ、リメイクまで、さまざまなチキンカレーのレシピをご紹介しました。 カレールーが少しだけ余った時は、上手にリメイクすると翌日以降も楽しめますね。カレーが入っていた鍋でスープやカレーうどんを作れば、鍋肌のカレーがきれいに取れ、鍋を洗うのも楽になります。 チキンカレーはカレーの中でもスタンダードなものですが、ルーを使わずスパイスから作ったり、ヨーグルトやトマト缶を入れるなど、作り方は無限にアレンジが可能。いろいろなレシピを試して、自分好みのものが見つかれば、おうちで絶品のチキンカレーが楽しめますね。 自分好みのチキンカレーを極めて、得意料理のひとつにしましょう♪
▼こちらのカレーレシピもいかが?

編集部のおすすめ