手作りの割り下で。基本の関東風すき焼き

「関東風すき焼き」のレシピと作り方を動画でご紹介します。割り下から作り具材を煮込むのが関東風すき焼きです。甘辛味が染み込んだお肉や野菜は卵に絡めて食べれば絶品ですよ♪寒い日にみんなで食べるごちそうにぴったりなひと品です。

30 分

材料

(2人分)
  • 牛薄切り肉(すき焼き用)200g
  • 焼き豆腐1丁(300g)
  • しらたき1パック(200g)
  • 長ねぎ1本(100g)
  • 春菊1/2束(100g)
  • しいたけ4枚(60g)
  • 牛脂適量
  • 2個
  • 割り下
    • 100cc
    • みりん100cc
    • 砂糖大さじ3杯
    • しょうゆ100cc

下ごしらえ

・豆腐は6等分に切ります。
・長ねぎは2cm幅のななめ切りにします。

作り方

1

春菊は根元を落とし、4cm長さに切ります。しらたきは食べやすい大きさに切り、さっと熱湯をかけます。しいたけは軸を落として飾り切りにします。

2

鍋に割り下の調味料を入れて火にかけ、煮立ったら火を止めます。

3

すき焼き鍋を火にかけ、牛脂を入れて溶かします。長ねぎを入れて焼き色がつくまで焼き、牛肉を加えて軽く焼きます。

4

②の割り下を加え、春菊以外の具材を入れてひと煮立ちさせます。

5

春菊を加えてさっと煮ます。器に卵を溶きほぐし、よく絡めて召し上がれ。

コツ・ポイント

・割り下は先に合わせておくのがポイントです。
・牛肉は長時間焼くと固くなるので、赤みが少し残る程度で割り下を加えてくださいね。
・長ねぎはこんがり焼き色を付けると香ばしく仕上がりますよ♪
▼鍋のレシピはこちら♪

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう