ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

ポルチーニ茸ってどんな味?

「イタリアの松茸」とも呼ばれる、高級きのこ「ポルチーニ茸」。ドイツ語で「石のように固いきのこ」と呼ばれるほど肉質がしっかりとしていて歯ごたえがよく、独特の芳ばしい香りが特徴です。乾燥することで香りはいっそう強くなり、風味が凝縮。

主にイタリア料理やポーランド料理で使われるほか、中国の雲南料理でも用いられています。松茸やトリュフのように栽培するのがむずかしく、流通しているほとんどのポルチーニ茸は天然もの。

乾燥ポルチーニはやや値は落ちますが、希少価値が高いため価格は高いです。味はナッツのような強い風味があり、食感はエリンギっぽいと感じる人が多いようですよ。

ポルチーニ茸のパスタレシピ4選

1. まったり濃厚味。ポルチーニ茸のクリームパスタ

ポルチーニ茸の定番、香り高いクリームスパゲティです。乾燥ポルチーニ茸は水で戻し、戻し汁と生クリーム、牛乳を使って濃厚なクリームソースに仕上げます。ポルチーニ茸の存在感が大きく、クリームに合わせても風味は負けません。アスパラを加えると、しゃきしゃきした食感がアクセントに。

2. パンチェッタで。ポルチーニ茸の濃厚カルボナーラ

ポルチーニ茸とパンチェッタを使う、旨味たっぷりのカルボナーラです。お店のようなコクのある味を再現するため、ポタージュスープの素を使用。生クリームと合わせると、カルボナーラの濃厚な味わいが簡単に再現できます。熱を加えすぎるとぼそぼそになるので、手早くパパッと仕上げましょう。

3. 本格的。ポルチーニ茸とミニトマトのオイルパスタ

芳醇なポルチーニ茸の香りを生かす、オイルパスタです。にんにくの風味と唐辛子のピリ辛な味付けにマッチし、クリーム系とはひと味違う本格的なおいしさ。ミニトマトの酸味がアクセントになり、後味がしつこくありませんよ。余った戻し汁は旨味があるので、ほかの料理に活用してくださいね。

4. やみつき。ポルチーニとパンチェッタの和風パスタ

白だしやしょうゆで味付けする、ポルチーニ茸の和風パスタです。ポルチーニの濃厚な風味とパンチェッタの旨味が、しょうゆ味できりっと締まるひと品。意外と相性がよく、クセになる味わいです。オリーブオイルの代わりにバターや生クリームを使うと、なめらかで洋風寄りの味に。

ポルチーニ茸のリゾットレシピ3選

5. 食感が楽しい。ポルチーニ茸のプチプチリゾット

押し麦を使う、ポルチーニ茸のリゾットです。食べた瞬間に、ポルチーニ茸の香りがふわっと口の中に広がりますよ。具材を炒めて煮るだけなので、作るのは意外と簡単。ポルチーニ茸の戻し汁と粉チーズで仕上げると、旨味がぐっと引き立ちます。メイン料理として味わうほか、肉料理の付け合わせにもおすすめ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ