カルボナーラと相性抜群なチーズは?本場はパルメザンを使わない!?

カルボナーラに最適のチーズを知っていますか?日本で定番のパルメザンチーズはイタリアではあまり使われていないとか……今回はカルボナーラと相性の良いチーズについてまとめました。チーズの種類に分けたレシピで本格カルボナーラ堪能してくださいね。

カルボナーラに最適のチーズって?

自宅でカルボナーラを作るとき、どんな種類のチーズを使いますか?
日本では、パルメザンチーズが一般的ですが、実は、その他にもカルボナーラと相性の良いチーズがあるんです。最近ではスーパーでもいろいろな種類のチーズが並んでいるので見かけたことがある人も多いはず。カルボナーラと相性の良いチーズは、パルミジャーノ・レッジャーノ、ペコリーノ・ロマーノ、グラナ・パダーノです。
今回は、この3種類のチーズについてまとめました。チーズ別におすすめのカルボナーラレシピもご紹介します。それぞれ違った味わいのカルボナーラを楽しめますよ。あなたのお好みのチーズで本格カルボナーラを作ってみませんか?

カルボナーラにはこのチーズ!

日本で定番のカルボナーラの多くは、パルメザンチーズを使っています。日本人の味覚には、食べなれているパルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズ)が一番合っているようです。
イタリアの多くは、その他のチーズを使っています。カルボナーラの本場、イタリアのローマでは、ペコリーノ・ロマーノが使われてます。ペコリーノ・ロマーノは、ローマで作られているので、地元のチーズを使って作られた伝統的なパスタというわけなのです。

チーズの特徴

ここでは、パルメザンチーズや、その他カルボナーラと相性が良いチーズの特徴をご紹介します。

パルミジャーノ・レッジャーノ

特徴:熟成期間が長いため非常に風味豊かな味わいですが、その半面硬質なチーズなため、切り分ける際には専用のナイフを使います。
価格:606円(税込)/100g 

ペコリーノ・ロマーノ

特徴:もともとは保存食として作られていたという理由から、塩分がとても強いチーズです。料理に使う際は、パルミジャーノ・レッジャーノを同量加えて、混ぜて使うのがおすすめ。羊のミルク独特の甘い香りが特徴で、パルミジャーノ・レッジャーノ同様、硬質チーズです。
価格:734円(税込)/130g 

グラナ・パダーノ

特徴:外皮が厚く、茶褐色で硬いのが特徴です。上で紹介したパルミジャーノ・レッジャーノが高級なのに対し、こちらは朝夕2回搾乳した牛乳を使用し、熟成期間も短いため生産量も多く、お手頃な価格で日常使いに向いています。
価格:545円(税込)/100g 
▼チーズの賞味期限についてはこちら

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう