ローディング中

Loading...

トーストやグラタン、パスタなど何かと使えるチーズですが、賞味期限について考えたことはありますか?賞味期限が切れたらどうなるの?未開封でどれくらい持つ?今回は、チーズの種類別の賞味期限やおすすめの保存法についてまとめました。

チーズはいつまででも食べられるの?

パスタにかける粉チーズ、トースト用のスライスチーズ、クリームチーズやカッテージチーズ、ブルーチーズなどなど・・・チーズと言っても様々な種類が存在しています。

いずれにしても共通しているのは「チーズは発酵させている」ということ。そんなチーズですが、賞味期限はあるのでしょうか。「もともと腐っているんじゃないの?」「ずっと食べられるのでは?」など、今回はチーズの賞味期限や保存方法など、チーズにまつわるあれこれについてまとめてみました。

賞味期限を過ぎても食べられる!

結論から言うと、チーズにも賞味期限はあります。私たちが購入するチーズに表記されているのは「賞味期限」であって、「消費期限」ではありません。「賞味期限」とは、その食品がおいしく食べられる食べごろを指し示したものです。そのため、賞味期限を数日過ぎたからと言って食べられなくなったり、食べてしまった場合に何かからだに支障をきたす可能性はまれといえます。

一方、注意したいのは「消費期限」です。「消費期限」とは、その食品を安全に食べられる期限を指すます。そのため、消費期限を過ぎた食品を食べるのは大変危険です。

カビが生えている場合

上述の通り、食べられるのかそうでないのか判断しにくいチーズですが、一般的にカビが生えた場合はやめておきましょう。チーズに含まれる乳酸菌がチーズ内部へのカビの繁殖を食い止めるため、多くの場合、チーズ表面に生えたカビを取り除けば、残りの部分は食べても問題ないと言われています。

ですが、カビが広範囲に生えてしまったり、ニオイや見た目が明らかに変質したりしている場合は、食べるのは止めておきましょう。特に、ピザチーズのようなシュレッドタイプのチーズの場合は、カビがどこに生えているか分かりにくいため、食べるのをやめておいた方がよいですね。

チーズの種類により賞味期限が違う!

市販されているチーズには、「プロセスチーズ」と「ナチュラルチーズ」の2種類があることをご存じですか?その違いは、「発酵が続いている」か、「発酵がストップしている」かによります。

ナチュラルチーズは発酵が継続しているもので、時間とともに熟成が進み、味がどんどん変わっていくチーズのことをいいます。輸入物の外国産チーズの多くは、ナチュラルチーズと言われています。

一方、プロセスチーズは、ナチュラルチーズを加熱し、発酵をストップさせたもののことを言います。食べ頃の状態で安定させたチーズです。すでに発酵が止まっているため、ナチュラルチーズのように熟成することはありません。スライスチーズやキャンディチーズなどが、プロセスチーズに分類されます。

保存食であるチーズの保存性をより高めるために考案されたのが、プロセスチーズ。そのためナチュラルチーズに比べると、賞味期限は長めに設定されています。

前述の通り、賞味期限はあくまでもおいしく食べられる状態をメーカーが保証している期間です。ただし、家庭でのチーズの保存状態はまちまちで、開封後はチーズが傷む可能性が高くなります。メーカーが賞味期限を過ぎても大丈夫と断定できないのは、期間だけでは品質のよし悪しを決められないという理由からといえますね。

次に、それぞれのチーズ別の賞味期限を見ていきましょう。

プロセスチーズ

前述の通り、プロセスチーズは、ナチュラルチーズを加熱して発酵をストップさせることで、食べ頃の状態をキープさせたチーズです。賞味期限はメーカーにより異なりますが、製造日より270日(約9ヵ月)程度とされているようです。

カマンベールチーズ

カマンベールチーズとは、表皮が白カビに覆われ、中がやわらかい小型のチーズのことをいいます。内部はクリーム色で、熟成が進んだものはトロリとしています。とてもやわらかいため、本来は丸い木箱に詰めて型崩れをしないように防ぎます。上品でクリーミーな味なので、誰にでも食べやすく人気が高いチーズです。]

賞味期限は開封後1週間、開封後の保存方法は冷蔵で5℃以下とされています。

ブルーチーズ

大理石模様に輝く青かび。その見た目から一般にブルーチーズと呼ばれています。好気性の青かびをカードに混ぜ、空気に触れるよう隙間を作り、繁殖させます。独特の風味と香気は脂肪を分解することにより造りだされます。青カビタイプのチーズは風味が強く、味も濃厚、かなり塩味が強いのが特徴です。ワインのお供にいただくのがおすすめです。

賞味期限は開封後10日、開封後の保存方法は冷蔵で10℃以下とされています。

ゴーダチーズ

オランダを代表するチーズで、世界中で愛されています。マイルドな味わいは、日本人の嗜好にもっともあったチーズとも言われ、おつまみや軽食、サンドイッチなど、幅広い料理に利用できます。熟成の若いものは、クリーミーでさっぱりとしていますが、熟成が進むにつれて、芳醇な香りとアミノ酸由来の旨みが増し、コクがでます。プロセスチーズの原料にもなっているようです。

賞味期限は開封後2週間、開封後の保存方法は冷蔵で10℃以下とされています。

モッツァレラチーズ

モッツァレラは、白く丸いかたまりの形をしたチーズです。見た目は表面がツルツルと滑らかで、よく「つきたてのお餅のよう」と表現されます。押すと少し弾力があります。熱を加えるとトロリとしており、独特の糸引きが楽しめるため、ピザなどにもよく使われます。

原産はイタリア南西部のカンパニア州で、アルプスを源流とするポー川流域の水牛乳から作られました。本来は濃厚な水牛乳だけで作られていましたが、現在は牛乳で作るものが多く、世界中で作られています。ナポリ名物のピッツァ・マルゲリータには欠かせないチーズとなっています。

賞味期限は開封後2日、開封後の保存方法は冷蔵で10℃以下とされています。

粉チーズ

チーズをすりおろしたものでパスタの仕上げによく使われることで知られている粉チーズです。常備しているという方も多いのではないでしょうか。賞味期限は開封後1ヶ月、常温・室内で保存することが推奨されています。

ピザ用チーズ

その名の通り、ピザやトーストなどに使われるチーズです。火を加えることでとろりと溶けだします。日本で販売されているピザ用チーズはクセがなく、お子様ウケもバツグン!

賞味期限は冷蔵で4~5日、冷凍で1ヶ月ほどとされており、冷蔵または冷凍で保存するようにしましょう。

おすすめの保存方法とは?

物によっては結構なお値段がするチーズ。正しい保存方法を知り、ムダなく最後まで食べ切るようにしましょう。

乾燥させない

冷蔵庫はとても乾燥しやすいため注意が必要です。チーズの切り口をラップで丁寧に包み、湿度の高い野菜室等で保存しましょう。さらに、乾燥を防ぐには、ラップで包んだチーズを密閉容器に入れて保存するのがおすすめです。種類に限らず、チーズにとって乾燥は大敵ということを覚えておいてくださいね。

直射日光・高温を避ける

チーズは、高温にも弱い食品です。5~10度の冷所で、湿度80~85%に保つよう心がけましょう。直射日光にさらしたり、高温の場所で保存すると、チーズの主成分のひとつである脂肪が溶けだしてしまいます。腐敗も進みやすくなりますので、注意してくださいね。

強い匂いのものと一緒にしない

実は、チーズはまわりのニオイを吸収しやすい食べ物なのです。そのため、キムチや納豆など、ニオイの強いものと一緒に保存しないよう気をつけましょう。同じ冷蔵庫内でもなるべく遠い場所で保管するようにしてくださいね。

やわらかいチーズはアルミ箔で包む

やわらかいチーズの場合は、アルミ箔でおさえてか、ラップで包むようにしましょう。形が崩れにくくなるだけでなく、先述のニオイの吸収を防ぐ効果もありますのでぜひ試してみてくださいね。

切り口を濡らさない

チーズが切り口に汗をかいていたら、乾いた清潔な布でふいてからラップなどで包みましょう。もちろん、濡れたナイフやまな板などを使わないようにしてくださいね。

ラップを取り替える

チーズから出た水分によるカビに注意が必要です。カビを防止するためにも、ラップはこまめに取りかえるようにしましょう。

常温保存は可能なの?

温度や湿度にもよりますが、一般的にチーズの常温保存はおすすめできません。季節や部屋の環境によって、短期間であれば保存可能な場合もありますが、おそらく1日程度が限界でしょう。

基本的にチーズは、冷蔵0度~10度位で保存するのが適しているとされています。食べる30分~1時間前に冷蔵庫から出し、常温に戻してあげると口当たりがよくなりおいしくいただけますよ!

冷凍保存も可能!

冷凍保存をすれば常温保存や冷蔵保存に比べてさらに長持ちをします。しかし、注意すべき点などもあるのでそちらもご紹介いたします。

冷凍保存の方法

チーズは密閉容器に入れて冷凍保存を行なってください。一度冷凍してしまったチーズは、加熱しないとおいしく味わうことはできません。冷凍するとチーズの組織が崩れ、一度溶けてしまったアイスクリームを再冷凍したときのように、ボソボソになってしまいます。

チーズ本来のなめらかさ、クリーミーさは落ちてしまいますが、加熱調理をすれば、問題なく食べられます。加熱調理する前提であれば、冷凍保存は非常におすすめですよ!

調理する際は、組織を崩す原因になる解凍は避け、冷凍のまま一気に加熱することがポイントです。冷凍するときは、すぐ使える形にして準備しておくことを考えておきましょうね!

保存期間

冷凍保存したチーズは1ヶ月を目安に食べきりましょう。

要注意!食べない方がよいチーズ

基本的には賞味期限が長く、長期に渡って楽しめるチーズですが、それでも永久に食べられるわけではありません。では、どういった状態の場合は食べない方が良いのでしょうか。一般的に、以下のような状態が見られた場合は、食べるのをやめておきましょう。

・強いアンモニア臭がする
・食べたときに舌にピリピリとした感覚がある
・色が明らかにおかしい
・どろどろに溶けだしている

チーズは目的別に保存すれば長く楽しめる!

チーズは、種類や目的に応じて賢く保存すれば、長期に渡って楽しむことができます。いつもの料理も、チーズを加えることで、コクや旨みがアップすることもありますよね。

今回ご紹介した方法を参考に、賢く保存し、様々な料理にチーズを活用してくださいね!
▼気になるあの食品の賞味期限もチェック!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

チーズ オレンジ おつまみ

カマンベールチーズはそのまま切って食べても、フライにしてもおいしいですね。フライにママレードをそえて食べたことがある方ならご存知と思いますが、カマンベールチーズとオレンジの甘みは相性◎。ローストするとワインに…

チーズ おつまみ

今回は、湿気った「柿の種」がおいしく食べられる救済レシピをご紹介!夏が旬の枝豆を入れて、食べやすいチーズボールにしました。湿気った柿の種でもちょっとアレンジするだけで、新たな食感に出会えます♩火を使わない簡単…

ハンバーガー カフェ チーズ

アメリカンスタイルのハンバーガーショップ「ジェイエスバーガーズカフェ」に、7日間で約1,500個を売り上げた伝説を残す幻の名品『スーパーチーズバーガー』が復活登場!バンズの代わりにカマンベールチーズを使用した…

ハンバーガー ファーストフード チーズ カフェ

2017年1月にJ.S.バーガーズカフェで発売された「スーパーチーズバーガー」が、期間限定で大復活!バンズの代わりにカマンベールチーズを使い、バンズをはさんだ逆転バーガー。そのおいしさを実体験してきました!

レシピ 納豆 チーズ ランチ うどん まとめ

釜玉うどんを作るのは少し面倒なのでは……そう思う人も少なくないでしょう。それでも、普通のうどんを作るときにひと手間かけるだけで、おいしい釜玉うどんができあがります。今回はそんな人気の釜玉うどんのレシピを紹介し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

ハイブリッドスイーツ スイーツ ドーナツ お菓子 まとめ

最近スイーツマニアたちの間で話題が沸騰中の、未体験の食感が楽しめて、とっても美味しい「ハイブリッドスイーツ」の進化が止まらない!そんな「ハイブリッドスイーツ」を紹介します。さらに今回は、最後に超最新のウォーナ…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ゼリー

2017年7月4日(火)、セブン-イレブンからインスタジェニックなスイーツが発売されました!その名も「まるでクリームソーダなゼリー」。しゅわしゅわ炭酸が弾けるソーダと、とろ〜りなめらかなクリームを表しているん…

うなぎ

スーパーで買ってきたうなぎ、安いものだとゴムのように硬くておいしくなかった……そんな経験ありませんか?そんなうなぎをふんわりジューシーに変身させる裏技があるんですよ!それは、ペットボトルの緑茶で煮るだけ。詳し…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る