使用する砂糖について

アップルクランブルに使用する砂糖はブラウンシュガーがおすすめです。本場、イギリスでもブラウンシュガーを使用するレシピが多く、アップルフィリングとクランブル生地に、自然でやさしいコクのある甘みをつけてくれます。

もちろん、ブラウンシュガーがなければ、きび砂糖やグラニュー糖、てん菜糖でもOK。砂糖の代わりにメープルシロップを使えば、メープルの香りいっぱいのアップルクランブルになりますよ。その日の気分によって砂糖の種類を選んでみても楽しいですね。

クランブルはアレンジ自由!

今回はもっともシンプルなクランブル生地をご紹介しましたが、アップルクランブルはアレンジのバリエーションが豊富なのも魅力のひとつです!

薄力粉に全粒粉やアーモンドプードル、コーンミール、紅茶葉などを適量混ぜると、違った味わいになります。クランブルを散らすときに、ローストナッツ類やココナッツ、ドライフルーツ、オートミールを一緒にのせて焼くとアクセントになります。いろいろなアレンジに挑戦してみてください!

おすすめの食べ方

Photo by uli04_29

りんごの素朴な甘さがおいしいアップルクランブル。焼き立てを取り分けて食べるのもいいですが、少し時間をおいて、りんごのシロップをクランブルに染み込ませてから食べても絶品です!

できたてのアップルクランブルにアイスクリームをのせれば、じんわり溶けてくるアイスクリームがソースのようになり、まろやかな味わいに。冷やしたときは、甘さ控えめの温かいカスタードソースをかけたり、爽やかなヨーグルト、チーズクリームを添えてもおいしいですよ。

アップルクランブルのおすすめアレンジ5選

1. とにかく簡単!アップルクランブルトースト

Photo by macaroni

市販のクッキーを使った、簡単クランブルのレシピです!おいしさの秘密はスライスりんごをのせる前に塗っているクリームチーズと仕上げのはちみつ。普通の食パンがデザートに大変身するお手軽レシピです♪ 朝食やおやつにおすすめですよ。

2. 甘くてとろとろ!アップルバナナクランブル

むずかしい材料は一切不要!切って盛って、オーブンで焼くだけのシンプルなレシピです。バナナのとろとろ感に、りんごとクランブルのサクサク感がよく合っています。お好みでアイスや生クリームを添えてお召し上がりください♪

3. ごろごろベリーがたまらない!アップルベリークランブル

りんごとブラックベリーのフィリングで作っているアップルクランブルです。真っ赤なベリーが食欲をそそります。フレッシュなブラックベリーが手に入らないときは、冷凍ベリーで代用してもOKですよ。ベリーがお好きな方はぜひお試しください。

編集部のおすすめ