故郷の味「アップルサイダー」って?基本のレシピや通販商品も

欧米を中心に古くから親しまれてきた「アップルサイダー」。それをアメリカでは寒い季節に温めて飲む習慣があるんですよ♪アップルサイダーは自家製で作れますがもちろん市販でも買えちゃいます。今回はアップルサイダーの特徴や作り方、通販をご紹介します。

2018年10月1日 更新

ニューヨークでの定番!? アップルサイダーとは

日本ではなじみの薄いアップルサイダーですが、世界でいろいろな国に親しまれています。
特にアメリカやカナダでは、ハロウィンやクリスマスなどのホリデーシーズンによく飲まれており、スーパーなどにもたくさん並んでいるんですよ!今では日常的に飲まれている、ポピュラーな飲み物として認識されているようです♪

「サイダー」だけど炭酸じゃない!?

「アップルサイダー」とはどういうものか。

アップルサイダーと聞くと「炭酸飲料なのかな」と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?日本では”サイダー”というと「炭酸飲料」との認識ですが、アメリカやカナダでは「果汁」のことをさします。つまり「生絞りリンゴジュース」ということになるんですよ。

また、ヨーロッパでもアップルサイダーが飲まれていますが、こちらは「シードル」と呼ばれ、りんごのお酒のことをさします。このように各国で親しまれているアップルサイダーは、炭酸・果汁・お酒とそれぞれ定義が異なるのです。

また最近ではお酢と合わせて「アップルサイダービネガー」で美容や健康などに取り入れられることもあるんですよ♪

アップルサイダーはどんな味?

アメリカ・カナダで飲まれているアップルサイダーはりんご果汁を濃縮し絞ったものなので、通常のりんごジュースよりも濃厚な味わい。りんごの種類により、甘みの強いものや酸味のあるものまでさまざまな味がありますが、どれも芳醇な香りと濃さが特徴です♪
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

maibo

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう