ウイスキーボンボンとは

ウイスキーボンボンは、洋酒入りのボンボン菓子の一種です。ボンボン菓子とは、砂糖でナッツやフルーツをコーティングしたお菓子を指します。砂糖の殻でウイスキーを包み、さらにチョコレートでコーティングしているのがウイスキーボンボンです。

日本での発祥は、神戸の老舗菓子店ゴンチャロフ製菓だといわれています。1923年から外国人や高級志向な人をターゲットに販売開始し、1970年代には大きなブームを巻き起こしました。

「ボンボン」の意味

チョコレートボンボンの“ボンボン”ってどういう意味なんでしょう。

“ボン(bon)”はフランス語で「いい」や「おいしい」という意味を持ちます。“bon”を繰り返した“ボンボン(bonbon)”は、幼児語で「うまうま」です。そこから、ナッツやフルーツを砂糖でコーティングした甘くておいしいお菓子も“ボンボン”と呼ばれるようになりました。

そして、のちには砂糖ではなくチョコレートで作ったり、中身もいろいろなものを入れたりして楽しむように。その流れから、洋酒をチョコレートコーティングしたお菓子“ウイスキーボンボン”が誕生しました。

ウイスキーボンボンとアルコール

ウイスキーボンボンのアルコール度数

ウイスキーボンボンのアルコール度数は、商品にもよりますが、ひとつ約2〜3.5%ほど。アルコール度数は外箱に表記されているのでチェックしてみましょう。

分量が少ないうえ、チューハイより低いアルコール度数ですが、油断は禁物。たくさん食べれば当然酔ってしまいます。

子どもが食べても大丈夫?

ウイスキーボンボンは、法律的には子どもが食べても問題ありません。日本の酒税法で、お酒は「アルコール度数が1%以上の飲料」とされているので、お菓子であるウイスキーボンボンを食べても“飲酒”と言う扱いにはならないのです。

ただ、アルコールが子どもの健康によくないことには変わりなく、同量のお酒を飲んだときと同じ影響が出てしまいます。甘くておいしいチョコですが、可能な限り子どもにはあげないようにしましょう。

ウイスキーボンボンでも飲酒運転?

注意したいのは、ウイスキーボンボンを食べても飲酒運転になり得ると言うこと。

飲酒運転の検査では、「お酒を飲んだかどうか」ではなく「息からお酒が検出されるか」をチェックします。お菓子とはいえ、たくさん食べたときや口にしてすぐのタイミングだと、飲酒運転になってしまいます。ウイスキーボンボンは、一日の終わりに、お家でのんびりできるときに楽しんでくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ