12. レタス、ベーコン、トマトのパスタ 

ベーコンをオリーブオイルで炒めてから、レタスとトマトは水分が出ないように、やや強火で火を通します。具と混ぜるときにスパゲティの茹で汁を加えると、スパゲッティと具の味がなじんでおいしくなります。これはスパゲティを作るときに覚えておきたいテクニックです♪

定番の組み合わせがおいしく食べられるサンドイッチのレシピ3選

13. ゆでたまごやアボガドの入ったサンドイッチ

たくさんの野菜に負けないように小麦やふすまなど、雑穀が入ったパンを使うとバランスが取れます。野菜をきれいに並べて、その上にもう一枚のパンをのせましょう。野菜の水気をしっかり切るのがポイント。

14. クロックムッシュ

クロック、と言うのは、噛んだときの「カリッ」という音を表しているとか。パンにハムとグリュイエールチーズやエメンタールチーズなどを挟み、バターを塗ったフライパンで軽く焼きます。ホワイトソースをかけていただきましょう。トマトソースやバジルソースを使っても、おいしくできます♪

15. 千切りレタスの沼サンド

千切りにした溢れんばかりのレタスが目を引く沼サンド。粒マスタードで味付けした味が一緒に挟んだベーコンや卵とも調和して、絶妙な味わいに。千切りで味わうレタスも食べやすそうですね。

ベーコンとレタスは相性抜群!

レタスは生のままだと「サラダ」以外のレシピはなかなか思い浮かばないですが、くせがないのでいろんな料理が楽しめます。おいしく作るためのポイントが「ベーコン」。野菜が多い料理を作るときに、具としてだけでなく、だしのような役割を果たしてくれるのです。 野菜から出る甘みとベーコンの塩気を活かしたいので調味料は少な目にするのがコツです。ぜひレタスとベーコンを使って料理を楽しんでくださいね♪
▼ベーコンやレタスを使ったレシピはほかにも!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ