【基本の和食】いんげんの胡麻和えの作り方&人気アレンジレシピ5選

「いんげんの胡麻和え」はシンプルな材料で作れる、基本の和食おかずですね。今回は基本的な胡麻和えの作り方とおいしく作るコツ、アレンジレシピをご紹介します。コツをつかんで、おいしい胡麻和えをお弁当や副菜に作ってみてくださいね。

2019年5月21日 更新

冷凍保存でお弁当に!

いんげんの胡麻和えは冷凍保存しておくと、自然解凍で食べられるお弁当のおかずにすることができます。

作った胡麻和えはお弁当に入れるときのアルミカップやシリコンカップに入れ、それごと保存容器に入れて冷凍しましょう。取り出してお弁当にそのまま入れればよいだけなので、とても楽ですよ。

人気のいんげん胡麻和えレシピ5選

1. いんげんとにんじんの胡麻和え

いんげんの胡麻和えににんじんを加えると、赤と緑で彩りのよい胡麻和えができます。お弁当のおかずにすれば、カラフルで食欲をそそるお弁当になりますね。にんじんといんげんは一緒にゆでるので、手間もさほどかかりません。

にんじんは、いんげんの幅とそろうように細切りにしましょう。

2. いんげんとしめじの胡麻味噌和え

こちらはいんげんにしめじを合わせた胡麻和え。ポイントは調味料に味噌を加え、味噌風味にしているという点なんです。

箸休めのイメージがある胡麻和えですが、この味付けなら白米との相性も抜群!ついご飯がすすむ味わいになっているんだとか。

3. いんげんと鶏肉の胡麻和え

鶏ムネ肉(サラダチキン)を使用しているのでとてもさっぱりした仕上がりの、いんげんと鶏肉の胡麻和え。いんげんだけだと苦手という人にも食べやすいので、デイリーの副菜にぴったりです。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう