覚えておきたい定番副菜!「小松菜の胡麻和え」基本レシピ&保存方法

和食の定番副菜「小松菜の胡麻和え」基本レシピをご紹介します。胡麻の風味豊かな和え物は、毎日の食卓に登場させたい人気のひと品。しっかり基本をマスターしておきたいですね。おいしく作るポイントや、冷蔵・冷凍それぞれの保存方法もぜひチェックしてみてください。

2019年8月29日 更新

和食の基本!「小松菜の胡麻和え」のレシピ

白い和食器に盛られた小松菜の胡麻和え

Photo by uli04_29

材料(2人分)

・小松菜……1袋
・すり胡麻……大さじ1杯
・だし汁……大さじ2杯
・しょうゆ……大さじ1と1/2杯
・砂糖……大さじ1杯

※だし汁は、普段お使いのだしや、だしパックを濃いめにとって使いましょう。もしくは、顆粒だしの素小さじ1/4杯に大さじ2杯の水を混ぜたものを使ってください。

作り方

黒い鍋の中の小松菜

Photo by uli04_29

1. 鍋にたっぷりのお湯を用意したら、小松菜を45秒ほどゆでます。ゆですぎないのがポイントです。根元の太い部分がまだシャキッとしているうちにお湯からあげましょう。
▼小松菜の上手なゆで方について詳しくご紹介しています!
ざるの中の小松菜

Photo by uli04_29

2. ゆでた小松菜をザルにあげたら、しっかりと水を切ります。ゆでたばかりの小松菜は熱いので、少しそのまま置いて冷ましてから絞るか、冷水で冷やしてから絞りましょう。
白いまな板の上の小松菜

Photo by uli04_29

3. 水気を切った小松菜を約3cm幅に切ります。
ボウルの中の小松菜

Photo by uli04_29

4. 小松菜をボウルに入れたら、すり胡麻、砂糖、しょうゆをすべて入れます。
ボールの中で胡麻と和えられている小松菜

Photo by uli04_29

5. 調味料と胡麻が絡むように混ぜ合わせます。
白い和食器に盛られる小松菜の胡麻和え

Photo by uli04_29

6. お箸で、何回かに分けて器に盛り付けて完成です。

小松菜の胡麻和えを作るときのポイント2つ

小松菜はゆですぎない

ゆですぎると食感が悪くなり、せっかく新鮮な小松菜が手に入ってもおいしく食べることができません。茎の部分からゆで始め、茎の食感が残っているぐらいの状態で、ザルに空けましょう。これは葉物野菜全般に言えますので、ぜひ覚えておきましょう。

水気をしっかり切る

水切りが甘いと、加えただし汁や調味料の味が薄まり味がぼやけてしまいます。それだけでなく、水っぽくなり食感もよくありません。調味料を加えるときは、少しずつしょうゆを足して味を見ながら調節してもOKですよ。調味料のみの水分であれば、すり胡麻が吸収して小松菜とよく絡んでくれます。
白い和食器に盛られた小松菜の胡麻和えの写真

Photo by uli04_29

作り置きも。小松菜の胡麻和えの保存方法

1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう