【基本レシピ】いんげんの胡麻和え!作り方のコツと人気アレンジ3選

「いんげんの胡麻和え」はシンプルな材料で作れる、基本の和食おかずですね。今回は基本的な胡麻和えの作り方とおいしく作るコツ、アレンジレシピをご紹介します。コツをつかんで、おいしい胡麻和えをお弁当や副菜に作ってみてくださいね。

いんげんの胡麻和えの作り方

いんげんの胡麻和えの写真

Photo by migicco

まずは基本的な「いんげんの胡麻和え」の作り方をご紹介します。用意する材料はいんげんと3つの調味料だけ。胡麻の風味でいんげんがたくさん食べられますよ。

サッと作れるので、あとひと品欲しいときやお弁当のおかずにぴったりです。

材料(2人分)193kcal/人

いんげんの胡麻和えの材料

Photo by migicco

・いんげん……1パック(約100g)
・白胡麻……大さじ1杯
・醤油……小さじ1/2杯
・砂糖……小さじ1/2杯

・塩(下茹で用)……水1Lにつき大さじ1杯が目安

胡麻は、すり胡麻を使ってもOK。する手間が省けるのでお急ぎのときはおすすめです。また、黒胡麻を使うと違った風味が楽しめますよ。

作り方

インゲンを茹でる写真

Photo by migicco

1. 鍋に湯を沸かし、塩を加えていんげんを入れ、1分半ほどゆでます。好みの固さにゆで上がったら冷水にとり、ザルにとって冷やします。
カットしたインゲン

Photo by migicco

2. 包丁でヘタを切り落とし、4cm程度の食べやすい長さにカットします。キッチンペーパーで水気をよく拭いておきましょう。
すり鉢でごまをする写真

Photo by migicco

3. 和え衣を作ります。白胡麻と砂糖をすりばちですり、醤油を加えて混ぜ合わせましょう。
醤油を先に入れず、胡麻と砂糖をよく混ぜ合わせたあとで加えると全体が混ざりやすいです。

胡麻のすり加減はお好みでかまいませんが、迷ったときは胡麻の食感がやや残るくらいの「半ずり」にするのがおすすめですよ。
ごまといんげんを和える写真

Photo by migicco

4. いんげんと和え衣を合わせます。全体が混ざったら器に盛って完成です。

作り方のコツ

いんげんに下茹でで塩味をつけることと、水気をしっかり切るのが、おいしく作るポイントです。キッチンペーパーでしっかり水気をとってください。

そして、衣と和えたあとに時間を置くと水っぽくなってしまうので、食べる直前に和えるのがよいでしょう。

斜め切りにしたり、カットする長さを変えたりと、いんげんの切り方によって食感が変わりますので、いろいろと試してみてくださいね。

冷凍保存でお弁当に!

いんげんの胡麻和えは冷凍保存しておくと、自然解凍で食べられるお弁当のおかずにすることができます。

作った胡麻和えはお弁当に入れるときのアルミカップやシリコンカップに入れ、それごと保存容器に入れて冷凍しましょう。取り出してお弁当にそのまま入れればよいだけなので、とても楽ですよ。

人気のいんげん胡麻和えレシピ3選

1. いんげんとにんじんの胡麻和え

いんげんの胡麻和えににんじんを加えると、赤と緑で彩りのよい胡麻和えができます。お弁当のおかずにすれば、カラフルで食欲をそそるお弁当になりますね。にんじんといんげんは一緒に茹でるので、手間もさほどかかりません。

にんじんは、いんげんの幅とそろうように細切りにしましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう