12. 高菜のおむすび

海苔の代わりに高菜で包みこんだほっこりおむすび。こちらの高菜は浅漬けの素で味付けされているので、具のないおむすびでもパクパクと進みます。高菜に限らず、野沢菜やわさび菜など、青菜であれば何を使ってもOK♪食べにくい場合は、刻んだものをご飯に混ぜておむすびにしても良いですね。

13. 栗ごはん

かわいらしい栗ご飯は、うどんと合わせると和カフェのようなおしゃれな雰囲気に♪ひと晩水につけた栗を使えば、炊飯器でもホクホクの仕上がりになりますよ。栗は秋冬しか手に入りませんが、春はたけのこ、夏は梅、冬は牡蠣など、旬の食材を使った炊き込みご飯で季節感を出すのがおすすめです。

14. 肉巻きおにぎり

おかずとご飯をまとめてボリュームのあるひと品を作りたいときは、肉巻きおにぎりがピッタリ♪ジューシーな肉巻きおにぎりとサッパリと食べられるうどんは正反対の料理なので、飽きずに両方を堪能することができちゃいます。味付けは市販の焼肉のタレでもできるので、簡単に作れるのも魅力的◎

15. とうもろこしごはん

塩とバターだけの味付けなのに、絶品のおいしさに仕上がる「とうもろこしごはん」。コーン缶でも作れますが、生のとうもろこしを使うとより旨みがアップしますよ♪もっちりご飯につぶつぶのコーン、甘みがたっぷりと染み込んで、おかずのように食べられるご飯です。

しっかりディナーにも◎

簡単&お手軽レシピのイメージが強いうどんですが、副菜の組み合わせを工夫すれば、しっかりとボリュームのある献立を作ることができます。単体では地味な料理なので、彩りの良いおかずを最低ひとつは取り入れるのがポイント!うどんの具が少ないときは、ごはんやお肉の副菜を添えてボリュームを調整しましょう。 ご紹介したレシピたちを自由に組み合わせて、おもてなしランチやしっかりディナーなど、幅広く活用してみてくださいね♪
▼メインのうどんレシピはこちら♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS