副菜のレシピ5選

6. 串かつ

しっかりボリュームのある夜ご飯を作るときは、うどんに串かつをあわせるのがおすすめ♪うどんのトッピングが何もないときは豚かつやチキンカツ、肉うどんなど具のあるレシピの場合は、しいたけや玉ねぎなど野菜の串かつを合わせると程よいボリューム感に仕上がります◎

7. カボチャのそぼろ煮

鮮やかなのに主張しすぎないカボチャのそぼろ煮は、メインのうどんをしっかりと引き立てながら、献立の食べ応えをアップ!レシピでは鶏ひき肉を使っていますが、豚ひき肉や合いびき肉を使うのもおすすめです。冬に作るときは、片栗粉でとろみをつけると冷めにくくなりますよ♪

8. 豚の角煮

男性や食べ盛りの子どもには、ガツンと食べ応えのある豚の角煮を合わせましょう。別々に食べても良いですし、うどんの上に角煮を乗せれば甘辛いたれが溶けこんで、違ったおいしさを味わうことができます。

9. 長芋とワカメの温泉玉子のせ

きつねうどんやかき揚げうどんなどうどん自体にボリュームがあるときは、サッパリと食べられる副菜をチョイス!千切りにした長芋と水で戻したワカメを混ぜ、温泉卵をのせればできあがりです。ピリッ辛いわさび醤油がアクセントになって、簡単なのに手の込んだ味に仕上がります。

10. れんこんとブロッコリーの味噌マヨ焼き

和風だしのうどんでは何か物足りない……という方は、味噌とマヨネーズでコックリと炒めた「れんこんとブロッコリーの味噌マヨ焼き」を作りませんか?濃い目の味付けなので、野菜だけとは思えない食べ応え♪じゃがいも、玉ねぎ、ベーコン、鶏肉など、好きな具材で作ってみてくださいね。

ご飯もののレシピ5選

11. ひらきいなり

炭水化物×炭水化物の組み合わせですが、うどんにご飯があれば間違いなしの満足感♪白ご飯を添えるだけでは寂しいですし、うどんをおかずにご飯は進まないので、ご飯自体に味付けをしたものを選びましょう。定番のおいなりさんは、半分に開いた上に卵や枝豆をのせておしゃれにアレンジ!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS