ふわっと濃厚「鮭の白子」のレシピ15選!2つのコツで臭み知らず♪

フグの白子と同じように濃厚なのに、価格がリーズナブルな「鮭の白子」は秋が旬。ソテーや唐揚げなど、おつまみやご飯のおかずにぴったりの調理法がいろいろあります。今回は鮭の白子をおいしくいただく下処理の方法と、人気レシピをご紹介します。

2018年12月3日 更新

くさみを取るコツ

血合いをしっかり取り去ることと、湯通しをすることがくさみを取るコツです。くさみが取れた白子は濃厚な味わいが残り、ぷりぷりの食感を味わえますよ。

今回は塩と酒を使ったくさみ取りをご紹介しましたが、豚や鶏のレバーのように、牛乳に漬け込んでくさみを取る方法もあります。

湯通し後に水分をきちんと取っておくと、その後の調理の際に味付けが水っぽくならずにすみますので、水分をきっちり取り除くことも意識しておくといいですね。

鮭の白子のソテー5選

1. 鮭の白子にんにくバター焼き

コクのあるバターとパンチのきいたにんにくで風味付けた鮭の白子ソテーは、お酒のおつまみにぴったりの味付けです。鮭の白子をこってり味で食べたい方におすすめですよ。

薬味のネギはたっぷりかけるのがおすすめ。柚子胡椒や七味唐辛子を添えてもおいしくいただけますよ。

2. 鮭の白子の柚子胡椒ソテー

ピリッとした柚子胡椒をきかせた鮭の白子ソテーは、お酒がすすむひと皿です。もっちりと濃厚な白子のうまみが存分に堪能できますよ。

最初に白子を塩麹に漬けることで、うまみが増して味わい深くなります。味をしみこませるため、1時間以上漬け込むのがおすすめです。

3. フォアグラ調の鮭の白子のソテー

フランス料理風の鮭の白子ソテーは、おしゃれな盛り付けでおもてなしに最適。炊飯器の「保温」メニューを活用し、時間をかけて熱を通すのでやわらかな仕上がりです。

カマンベールチーズと鶏胸肉を組み合わせ、赤ワインを使ったマデラソースでおめかしして盛り付けましょう。
2 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう