ライター : Raico

製菓衛生師 / フードコーディネーター / フードライター

手作り豆乳クリームはとろーりやわらか

Photo by Raico

クリーミーなのにあっさり食べられる豆乳クリーム。我が家ではパンケーキやワッフルに添えて食べることが多いです。家族には「ヨーグルトみたい」「生クリームよりしつこくなくて好き」と好評。友人に出すと、「本当に豆乳からできているの?」と驚かれます。

ホイップクリームのような硬さはないので、ディップやソースにするのがおすすめ。焼き菓子のほか、フルーツにかけてもおいしいですよ。

卵や乳製品を使わない!豆乳クリームの作り方

Photo by Raico

調理時間 10
デザートに使える、豆乳クリームのレシピです。豆乳は調整豆乳を使うと、豆の風味があまり気になりません。乳製品や卵を使わないのに、クリーミーでコクのある味わい。後味はしつこくなく、あっさりとしています。 豆乳を泡立てて空気を取り込み、油を加えて乳化させるのがポイント。ハンドブレンダーを使うと、とても簡単に作れます。ほかにも作るときにいくつかのコツがあるので、チェックしてから作ってみてください。

材料(作りやすい分量)

Photo by Raico

  • 調整豆乳 100cc
  • 砂糖 30g
  • サラダ油 90cc
  • レモン果汁 小さじ2杯
  • バニラエッセンス(バニラオイルでも可) 適量

プロが解説!豆乳クリームを作るコツ・ポイント

コツ・ポイント

  1. 豆乳は冷たく冷やす
  2. 氷水に当てながら混ぜる
  3. 油は少しずつ加える
  4. ハンドブレンダーで混ぜる

豆乳は冷たく冷やす

豆乳はあらかじめ冷やしておき、冷たい状態のものを使いましょう。冷たいほうが空気を含みやすく、豆乳のたんぱく質が安定しやすいため、なめらかに泡立ちます。

氷水に当てながら混ぜる

ボウルの外側を氷水に当てながら混ぜると、なめらかできめ細やかなクリームに仕上がります。豆乳を泡立てるときに温度が上昇してしまうと、豆乳のたんぱく質が変成して泡立ちにくくなり、分離してしまうことも。低温状態で混ぜると、きめ細やかでなめらかな泡になって崩れにくくなります。

編集部のおすすめ