ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

青ネギとは?白ネギとの違い

緑の部分が長く枝分かれしており、葉の先まで食べられるネギのことを青ネギといいます。 葉ネギなんて呼ばれることもありますよ。

それに対し、白ネギは、長ネギは、根深ネギとも呼ばれるもの。茎を包んだ葉の部分である葉鞘(ようしょう)が白く長いネギのことさします。

青ネギ大量消費のレシピをチェック!

卵焼きやオムレツのレシピ、ボリュームのある炒め物、青ネギをたっぷりと使う大量消費レシピなどご紹介します。色味も風味も豊かになる青ネギを使って、満足のいく料理に仕上げましょう。青ネギがもっと好きになるかも!

青ネギの切り方は?

卵焼きやオムレツの中に入れる場合は、小口切りにするのが良いでしょう。あえて大きめに切って存在感を出すのも面白いかもしれません。 炒め物やサラダに使う場合は、ざく切りにすると、「青ネギがメイン」とわかりやすくなります。青ネギそのものを楽しみたい場合は、ぜひ大きめカットで!

青ネギの保存方法・保存期間

保存期間

青ネギを新聞紙にくるんで冷暗所で立てて保存し、5日以内に使い切れば常温保存も可能。冷蔵保存保存する場合は切って保存容器に入れ、キッチンペーパーでふたをします。ひっくり返して冷蔵保存し、1週間から2週間程度で使い切るのがおすすめ。

冷凍保存する場合、密閉された保存容器に刻んだ万能ねぎを入れて保存すると、1カ月ほど日持ちします。

冷凍がおすすめ!青ネギの保存方法

青ネギの保存で一番おすすめなのは、冷凍保存。

キッチンペーパーで水気を取って、小口切りにし、密閉された保存容器に入れて冷凍します。1時間ほど経ったら冷凍庫から取り出し、再び冷凍庫へ入れましょう。これを2回繰り返したら完成です。

冷凍焼を防ぐためにも、空気に触れないように注意してくださいね。急速冷凍するのもおすすめです。冷凍で1カ月保存できますが、風味はどんどん落ちていくため、早めに食べ切るのがポイント。

青ネギと卵の人気レシピ5選

1. 出汁ジュワ!ネギたっぷりのだし巻き卵

ふわふわでトロトロのだし巻き卵をに青ネギをたっぷり入れたレシピです。出汁とがジュワッとあふれ出して、特別な味わいを楽しめます。

焦げ目がつかないように、終始弱火で焼くのがポイント。ふんわりとやわらかな見た目が、食欲をそそります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ