熊本名物「辛子蓮根」!基本の作り方とおいしい食べ方まとめ♪

熊本県の郷土料理として有名な辛子蓮根。辛くておいしい辛子蓮根の基本の作り方と、おいしく食べる方法をご紹介します。すこし手間はかかりますが、丹精込めて作った辛子蓮根は格別のおいしさ!うま辛な味わいは、おつまみにもおかずにもぴったりです。

ピリッとうま辛!辛子蓮根を作ってみよう

お皿に盛り付けた辛子蓮根

Photo by tumu

熊本の郷土料理「辛子蓮根」は、ピリッとした辛味がクセになる料理です。おかずにもおつまみにもぴったりな辛子蓮根のレシピをチェックして、ぜひご自身で作ってみてください。

基本のレシピを見たあと、辛子蓮根のおいしい食べ方をチェックしましょう。辛子蓮根はそのまま食べてもおいしいのですが、チャーハンや天ぷらに使ってもGood!オールラウンドに活用できる辛子蓮根を、身近に感じながら楽しみましょう。

辛子蓮根の基本レシピ

辛子蓮根の完成図

Photo by tumu

こちらでは辛子蓮根の基本的な作り方をご紹介します。辛子蓮根はいろいろな作り方があるのですが、今回は基本を押さえつつなるべく作りやすいレシピにしました。

蓮根に味噌を詰める作業が意外と楽しい!からしの量はお好みで調整して、自分好みの味わいを目指してみてくださいね。

材料(4人分)

辛子蓮根の材料

Photo by tumu

・蓮根     250g程度

【からし味噌】
・白味噌    80g
・からし    小さじ2
・パン粉    40g
・みりん    少々

【衣】
・薄力粉    50g
・卵黄     1個分
・塩      少々
・水      大さじ4

作り方

1.蓮根は洗って皮をむき、両端を落とします。
レンコンを切る写真

Photo by tumu

2.鍋に水を入れ酢を少々たらし、蓮根を入れて火にかけます。沸騰してからさらに4分茹で、ザルに上げて水気を切り、自然に冷ましましょう。
レンコンを茹でる写真

Photo by tumu

3.ボウルにパン粉を入れ、みりん少々でふやかし、白味噌、からしを加えて混ぜます。
パン粉にみりんを加える写真

Photo by tumu

4.冷めた蓮根を手に持ち、3で作ったからし味噌に切り口を押し当て、回すようにして蓮根の穴に味噌を入れていきます。
レンコンの穴にからしを詰める写真

Photo by tumu

5.蓮根の上の方から、味噌が出てくるまで続けます。蓮根の周りについた余分な味噌をふき取り、冷蔵庫で最低6時間、できればひと晩寝かせましょう。寝かせたあとは、蓮根の穴から出た水っぽい味噌をふき取ります。
レンコンの穴にからしを詰めた写真

Photo by tumu

6.衣の材料をすべて混ぜます。てんぷら衣より固めの衣になるようにしましょう。
ボウルに衣の材料を入れた写真

Photo by tumu

7.6の蓮根を手に持って少し押し、出てきた余分な味噌をふき取りましょう。そのあとで薄力粉を蓮根全体にまぶします。

特集

SPECIAL CONTENTS