豚肉を叩いて伸ばす

豚肉の繊維を断つように、しっかり叩いて伸ばしてください。叩くことで、焼き縮みを防いでやわらかく焼き上げることができます

伸ばして薄くなった豚肉をそのまま焼くと、一気に火が入ってかたくなってしまいます。豚肉は伸ばし、元の大きさに成形しましょう。

中火で表面をこんがり焼く

やわらかい豚肉のソテーにするためには、火の入れすぎには要注意!強い火力で豚肉を焼き続けると、水分が流出してパサパサになってしまいます。中火で両面に焼き色がついたら、火を止めましょう。

生焼けが心配な場合は、竹串を豚肉に刺して透明な肉汁が出てくるのを確認してください。肉汁を留めるために、何度も竹串を刺すのは厳禁です。

小麦粉で表面をコーティング

小麦粉をまぶしてから焼くことで、簡単に豚肉表面を小麦粉でコーティングして肉汁が流れ出すのを防ぐことができます。舌触りをよくするためにも、小麦粉をまぶしすぎないように余分な粉は落としてから焼きましょう。

焼き上げた豚肉を休ませる

休ませてから切り分けることで、切ったときに肉汁が流れ出すのを防ぎます。噛んだときに口のなかでジューシーな豚肉を味わうことができるので、ぜひお試しください。

豚肉ソテーのレシピ3選

1. 甘辛うまい!玉ねぎソース

豚肉のソテーを作ったら、まずは玉ねぎを使った王道のソースで食べてみるのがおすすめ。しょうゆと砂糖が玉ねぎの甘みを引き立て、深みのある味わいに! こちらのレシピでは、豚肉をソテーしたらソースの材料を加え、豚肉とソースを一緒に煮絡めて味をしっかり馴染ませています。豚肉に火が入りすぎないように、焼き時間を気持ち短くしましょう。 もちろん、豚肉のソテーにあとからソースをかけて完成させてもOKですよ。

2. ポークソテーアップルジンジャーソース

こちらのソースは、りんごの角切りと、すり下ろしたりんごにショウガとバルサミコ酢を加えたもの。絶妙な味のバランスがおしゃれな食事会などにぴったりです!ピリッとしたショウガの刺激とバルサミコ酢の酸味がりんごと相性ばつぐんですよ。 凝っているように見えて、作り方もとても簡単なのでぜひ一度チャレンジしてみてください。いつものポークソテーを華やかに演出してみてはいかがでしょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ