三重・四日市名物「トンテキ」とは? レシピも要チェック!

三重県四日市市で親しまれている「トンテキ」。この記事では、トンテキの名前の意味やポークソテーとの違い、そしておいしい作り方をご紹介します。おうちでも簡単に作れるトンテキ、玉ねぎを使えばやわらかく仕上げられるので、ぜひmacaroni考案のレシピもチェックしてみてくださいね。

2019年6月24日 更新

三重・四日市グルメ「トンテキ」とは

三重県の四日市市で主に愛されている「トンテキ」。みなさんは、トンテキとはどのような食べ物かご存知ですか? トンテキは、厚切りの肉を使用して調理する料理で、濃い味のソースとやわらかい食感が人気なんです。

四日市の西新地にあるお店「来来憲(らいらいけん)」作られたのが始まりとされており、店主の下田氏が切り盛りしていたお店の看板メニューがトンテキでした。わざわざ遠方から、このトンテキを求めて来る方も多いようですよ。

名前の意味

気になるのはその名前の由来ですが、実はすごくシンプル。「トン」は「豚(とん)」を指し、「テキ」は「ステーキ」からきています。つまり、"豚のステーキ" という意味で「トンテキ」という名前が付いたんですね。

「グローブ」と呼ばれることも

発祥である四日市では、トンテキはグローブとも呼ばれています。これはトンテキの調理工程が由来で、焼き縮みを防ぐために豚肉に深く切れ込みを入れた形がグローブに見えることから、そのように呼ばれるようになったとか。

四日市トンテキには定義がある

四日市で提供されるトンテキには、いくつか定義があります。それは以下の通り。

1. ソテーした厚切り肉である。
2. 黒っぽい色の、味の濃いソースが絡んでいる。
3. にんにくが添えられている。
4. 付け合せは千切りキャベツが主である。


この条件で作られたものは、トンテキとして認められます。逆に言えばこの条件さえ守っていればOKなので、お店によって形や味付けが異なるんですよ。四日市に行ったら、トンテキを食べ比べてみてもおもしろそうですね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう