ライター : kii

調理師

製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。「おいしい料理で人を幸せにする」をモットーに、レシピやお料理のコツなどの情報発信を行っています。ブログやYouTubeで…もっとみる

手作りパンにチャレンジ!簡単時短レシピも。

手作りパンにチャレンジしましょう!手軽にチャレンジできるレシピから、本格レシピまで、さまざまなレシピをご用意いたしました。発酵やベンチタイムが短く短時間で作れるレシピ、オーブンを使わないで焼けるレシピなど、手軽に作れるレシピもたくさんありますよ。 パン作りに必要な道具についても見ていきますので、パン作りにチャレンジしてみたいと思っている方も必見です。せっかく作ったパンを、おいしく保存する方法についてもご紹介します。これを読めば、手作りパンを100%楽しめますよ♪ では、まずはパン作りに必要な道具から見ていきましょう。

パン作りに必要な道具をチェック!

パン作りをする上で必要最低限な道具は、下記の通りです。 デジタルスケール、計量カップ、計量スプーン、温度計、ボウル、ゴムベラ、布巾、カード、ペストリーボード、めん棒、オーブン用の手袋、ケーキクーラー、専用の型(食パンやクロワッサンなどを作る場合)

デジタルスケール、計量カップ&スプーン

パンは材料の量に少し誤差があるだけでも、仕上がりに差が出てしまいます。はかりは、1g単位で測れるデジタルスケールを使いましょう。計量スプーン(大さじ、小さじ)、計量カップで計量するときも、正確に計量してくださいね。

温度計、ボウル、ゴムベラ、布巾

温度計:水や牛乳などの材料の温度管理や、生地の温度をはかるときに必要です。 ボウル、ゴムベラ:材料を混ぜ合わせたり、こねたりするときに使います。 布巾:水でぬらして硬く絞って使います。パン生地の発酵時やベンチタイム時に、パン生地が乾燥しないようにかぶせます。生地に糸くずがつかないような材質のものを使うとよいですね。

カード

ボウルについたパン生地をきれいにとったり、パン生地を分割したり、パン生地にドライフルーツやチョコなどを混ぜ込んだりするときに使います。 パン生地はとてもデリケートです。パン生地を乱暴に引っ張ったりちぎったりすると、ふくらみが悪くなってしまう原因に。カードを使って優しく扱いましょう。

めん棒

パン生地を伸ばすときに使います。木製の麺棒を使うときは、生地がめん棒にこびりつかないように粉をふってから使います。 表面に凹凸がついた「ガス抜きめん棒」というものもあります。パン生地内の空気(ガス)を抜くのと同時に、パン生地を伸ばすことができる便利な道具です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS