簡単おいしい♪市販のお刺身で作る「海鮮丼」のおすすめレシピ10選!

新鮮な魚介を使った海鮮丼はヘルシーでボリューム満点!女性から子どもまで大人気のひと品です。さっぱりとしていて食べやすい酢飯との組み合わせは相性バツグン!今回は、そんな目でも口でも楽しめる海鮮丼を自宅で作る際のレシピをご紹介します。

2018年10月24日 更新

3. まぐろとアボカドのポキ丼

相性バツグンのまぐろとアボカドを使ったハワイのローカルフード、ポキ丼です。ラー油とゴマ油の香ばしい風味が食欲をそそります。アボカドとまぐろの相性は言うまでもありません。コツはラー油を少し多めに入れ、辛みを加えること。仕上げにレモンを絞ることで味が引き締まります。

4. 漬けまぐろとサーモンの海鮮丼

まぐろ、サーモン、イカを使った海鮮丼です。コツは、海鮮にタレの味がなじむように、冷蔵庫に置くこと。ゴマやオクラと合わせて、ご飯にのせたら完成!めんつゆ漬けにした海鮮のうま味と厚焼き卵のふんわりとした甘さにお箸が進みます!

5. しらす入り海鮮丼

まぐろ、あじ、サーモン、しらすを使った海鮮丼です。ご飯に魚と火を通したしらすを盛り付け、特製たれをまわしかけたらできあがり!サッパリした大葉がアクセントになっており、つい食べ過ぎてしまうおいしさ!早くて簡単なので、時間がない時におすすめです。

6. タコとほたてとまぐろの海鮮丼

漬け丼はお酒と合わせるのもおすすめ。たまり醤油に漬け置くことで色は濃くなりますが、まろやかなおいしい味わいに。タコのこりこりとした食感もよいアクセントになりますよ。いつもと違う海鮮丼を食べたい時におすすめです。

7. いくらと甘エビの海鮮丼

素材を食べやすい形にカットしたら、醤油、ゴマ油、ニンニクで和えて、ご飯にのせるだけ。ゴマの食を誘う香りと甘エビの甘味、いくらの塩気のあるうま味が口の中に広がります。盛り付けるだけで誰でも簡単に作ることができ、しかも本格的な味わいが楽しめます。火を使わないでできる手軽さも嬉しいですね。

8. 海鮮丼の卵とじ

溶き卵と冷凍シーフードミックスを使った海鮮丼です。冷凍シーフードミックスを凍ったまま煮込むことで、いいお出汁が出て簡単にコクのある海鮮丼ができあがります。卵を二回に分けてとじることでふんわり感が出て、口当たりがよくまろやかな味わいに仕上がります。休日のブランチやひとりご飯にもおすすめです。

特集

FEATURE CONTENTS