切ってのせるだけ!「ポキ丼」の作り方&アレンジレシピ5選

ハワイのソウルフード、ポキ丼はご存じでしょうか?ハワイ料理といっても日本人に馴染みのある食材、調味料ばかりの丼ぶりなんです。これならハワイ未上陸の方でも簡単に現地料理に挑戦できますね。今回は基本の作り方とアレンジ集も併せてご紹介します。

2018年10月31日 更新

ハワイの人気ご飯「ポキ丼」とは

食卓に並べられたポキ丼

Photo by ako0811

とってもかわいらしいネーミングの「ポキ丼」とは、ハワイ語のPOKE(ポケ)から名付けられたハワイ料理のひと品。ポキと発音されることが多く、現在はサーモンやマグロ、タコなどお好みの魚介類の切り身にハワイアンソルト、しょうゆ、油や香味野菜を混ぜ込んだ料理全般を指しています。

まさに「ハワイ流海鮮どんぶり」、日本の漬け丼のようなイメージですね。今回は、スーパーで手に入りやすいマグロとサーモン2種類の切り身で作る簡単ポキ丼のご紹介です。

材料(2人~3人分)

ポキ丼の材料

Photo by ako0811

・マグロ……160g
・サーモン……100g
・アボカド……1個

■下味
・しょうゆ……大さじ1
・みりん……小さじ2
・ゴマ油……小さじ1

・玉ねぎ……1/4個
・ブロッコリーの芽……適量
・白ごま……少々

・ご飯……2~3膳分(お好みの量)

作り方

1. マグロとサーモンをカットする

カットされたマグロとサーモン

Photo by ako0811

2cm角にカットします。やわらかすぎてカットしにくい場合は、半冷凍すると簡単です。

2. マグロとサーモンに下味をつける

マグロとサーモンを入れたポリ袋に調味料を入れている様子

Photo by ako0811

カットしたマグロとサーモンをポリ袋に入れ、下味の調味料すべてを加えます。
ポリ袋でマグロとサーモンを調味

Photo by ako0811

しょうゆ、みりん、ゴマ油を加えたらやさしくもみ、10分程置いておきましょう。夏場は冷蔵庫に入れてくだささいね。

※ポリ袋を使えば、最小限の調味料で下味をつけることができ、洗い物もなく時短になりますよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう