切ってのせるだけ!「ポキ丼」の作り方&アレンジレシピ5選

ハワイのソウルフード、ポキ丼はご存じでしょうか?ハワイ料理といっても日本人に馴染みのある食材、調味料ばかりの丼ぶりなんです。これならハワイ未上陸の方でも簡単に現地料理に挑戦できますね。今回は基本の作り方とアレンジ集も併せてご紹介します。

2018年10月31日 更新

ハワイの人気ご飯「ポキ丼」とは

食卓に並べられたポキ丼

Photo by ako0811

とってもかわいらしいネーミングの「ポキ丼」とは、ハワイ語のPOKE(ポケ)から名付けられたハワイ料理のひと品。ポキと発音されることが多く、現在はサーモンやマグロ、タコなどお好みの魚介類の切り身にハワイアンソルト、しょうゆ、油や香味野菜を混ぜ込んだ料理全般を指しています。

まさに「ハワイ流海鮮どんぶり」、日本の漬け丼のようなイメージですね。今回は、スーパーで手に入りやすいマグロとサーモン2種類の切り身で作る簡単ポキ丼のご紹介です。

材料(2人~3人分)

ポキ丼の材料

Photo by ako0811

・マグロ……160g
・サーモン……100g
・アボカド……1個

■下味
・しょうゆ……大さじ1
・みりん……小さじ2
・ゴマ油……小さじ1

・玉ねぎ……1/4個
・ブロッコリーの芽……適量
・白ごま……少々

・ご飯……2~3膳分(お好みの量)

作り方

1. マグロとサーモンをカットする

カットされたマグロとサーモン

Photo by ako0811

2cm角にカットします。やわらかすぎてカットしにくい場合は、半冷凍すると簡単です。

2. マグロとサーモンに下味をつける

マグロとサーモンを入れたポリ袋に調味料を入れている様子

Photo by ako0811

カットしたマグロとサーモンをポリ袋に入れ、下味の調味料すべてを加えます。
ポリ袋でマグロとサーモンを調味

Photo by ako0811

しょうゆ、みりん、ゴマ油を加えたらやさしくもみ、10分程置いておきましょう。夏場は冷蔵庫に入れてくだささいね。

※ポリ袋を使えば、最小限の調味料で下味をつけることができ、洗い物もなく時短になりますよ。

3. 玉ねぎとアボカドをカットする

カットされたアボカド

Photo by ako0811

アボカドは半分にカットし種を取り除きます。マグロとサーモンと同じくらいのサイズにカットし、あればレモン汁をふりかけ色止めをしておくと仕上がりがきれいです。
水にさらされている玉ねぎスライス

Photo by ako0811

玉ねぎは薄くスライスし、塩水にさらして辛みを取り除きます。5分ほどさらしたらザルに揚げ水気をしっかり切りましょう。

4. 盛り付けてできあがり♪

ご飯に玉ねぎスライスとブロッコリーの芽をトッピング

Photo by ako0811

器にご飯をよそい、その上に玉ねぎのスライスとブロッコリーの芽を適量のせます。
調味されたマグロとサーモン

Photo by ako0811

玉ねぎとブロッコリーの芽の上に、アボカドと下味に漬けておいたマグロとサーモンを彩りよくのせます。
ご飯にマグロとサーモン、アボカドをのせ白ごまをふりかける様子

Photo by ako0811

残った下味の調味料も上から回しかけ、最後に再度ブロッコリーの芽を飾って白ごまを振ったら完成です。そのほか、大葉やかいわれ、スライスしたレモン、わさびやマヨネーズなどを添えてもおいしいですよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう