火も…レンジさえ使わない!暑い日に嬉しい簡単漬け丼ド~ン!

「もう暑くて溶けそう~」この言葉を私はひと夏に800回くらい言います。火を使いたくない!いや…レンジさえ使いたくない!本当はご飯を作りたくない…けどそう言う訳にはいかない。そこで漬け丼はいかがですか?お刺身を漬けてご飯に乗せたらもう完成~!タレづくりだって驚くくらい簡単です!

2019年7月25日 更新
プロフィール

Photo by bluesheepmico

めんつゆにお刺身をドボン!で出来上がり

簡単着け丼のイメージ画像

Photo by bluesheepmico

まず、漬け丼の基本的な作り方ですが……、

2倍濃縮タイプのめんつゆにお刺身をドボン!で終了~。

これをお料理と言っていいのかと思いますが、美味しいからいいんです。

みりんと醤油を煮きったりと色々試してみましたが、これが一番美味しいです。漬ける時間はお好みで。私は2〜3時間漬けます。

そして、卵黄や大葉、胡麻などお好みの物をトッピングします。

卵黄は、お刺身と一緒に漬けても美味しいですよ。

みんな大好き「サーモンの漬け丼」色んなバージョン。

まずはシンプルバージョン。
みんな大好き「サーモンの漬け丼」

Photo by bluesheepmico

こっちはサーモンローズバージョン。
「サーモンの漬け丼」のサーモンローズバージョン

Photo by bluesheepmico

ちょっとだけ手間をかけて、サーモンを薔薇に見立ててみました。

サーモンをなるべく薄く切って、芯を作ったらその回りにサーモンをねじりながら巻いていきます。

これがけっこう難しくて、ときどきとんでもない薔薇になってしまいます。上手くいった時は上がる~。
お次はサーモンアボカドバージョン。
サーモンアボカドバージョン

Photo by bluesheepmico

サーモンとアボカドって何故あんなに相性がいいのでしょうか?交際2ヶ月の恋人並み。
さらに、アボカドローズでポキバージョン。
アボカドローズでポキバージョン

Photo by bluesheepmico

マグロをプラスして、ハワイのポキ風に。
ここでもひと手間アボカドローズを作りましょう。
アボカドローズも難しく…私の成功率は3割程。

技術より、いかに適した絶妙な柔らかさのアボカドを見付けるかが重要みたいです。

でも成功したら、もう誰にも手抜きとは言わせない。

余ったら鯛茶漬けに!魚の王様「鯛の漬け丼」

魚の王様「鯛の漬け丼」

Photo by bluesheepmico

鯛は漬け丼ももちろん美味しいですが、鯛茶漬けが絶品。
でも、わが家はいつも余らない…。

多めに作って鯛茶漬けも楽しもう。

甘いイカがたまらない「イカの漬け丼」

甘いイカがたまらない「イカの漬け丼」

Photo by bluesheepmico

イカだって、切ったり、ましてや捌いたりなんてしなくていいんです。イカそうめんなんて便利な物があるんだもん、使わない手はない。

タタキだけじゃない!漬けても美味しい「カツオの漬け丼」!

漬けても美味しい「カツオの漬け丼」

Photo by bluesheepmico

タタキで食べる事が多いカツオも漬けるといつもと変わった感じで美味しいです。

ニンニクチップもお忘れなく。

お手頃なアルゼンチン産の赤海老が旨々に!「海老の漬け丼」

旨々!「海老の漬け丼」

Photo by bluesheepmico

お財布に優しい、それなのに美味しい赤字海老、 ドーンと一人5尾。

まさか、頭を捨てたりしないですよね?美味しいお味噌が詰まっています。

チュウチュウ吸うか、炒めてスープなどのお出汁として使いましょう。
「海老の漬け丼」トルネード盛り

Photo by bluesheepmico

盛り付けを少しアレンジして、トルネード盛りはいかが?
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

bluesheepmico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう