3. パラパラご飯にするには

ご飯の水分量を規定量よりも少な目にしましょう。2合のお米に対し大さじ2から3程度取り除くとちょうど良いです。オイルでコーティングされたお米はパラパラとした食感になり、付け合せのお料理、特にカレーやシチューなどとよく合います。

フライパンで作るサフランライス

一般的にサフランは水に浸し抽出してから使いますが、このレシピのようにフライパンでご飯を炒めながら色づけをすることもできます。サフランは水溶性なのが特徴なので、水分と交わるとすぐに綺麗な色がでます。フライパンひとつでサフランライス、そしてホワイトソースまで完成してしまう!時間のない時などは特におすすめの方法です。

サフランライスと一緒に食べたいレシピ5選

1. バスマティライス風サフランライスとレトルトカレー

レトルトカレーでも、ライスにこだわれば一気におもてなし風に♪ サフランライスはカレーに合うようにあえて水分を減らしてパラパラに、レーズンやスライスアーモンドを散らせばおしゃれ感が増します。いつものカレーライス、時にはライスに力を入れるのも面白いですね。

2. 鶏モモ肉のフリカッセとサフランライス

クリーム煮とパラパラ食感のサフランライスはよく合います。濃厚なソースを絡めながらサフランの香りを楽しめますね。一見むずかしそうですが、実はフライパンひとつで作れるレシピです。ボリュームたっぷりで、ほっこり温まる、クリスマスディナーなどにも最適ですね。

3. スキレットで!白身魚のサフランライス♪

食卓にそのまま出せるから便利でオシャレと人気の高いスキレット。スキレットのふたを開けると香り豊かなサフランライスに白身魚、色のコントラストも素敵です。サフランの香りを生かし、にんにくや白ワインでシンプルに調味しています。簡単なのに豪華ならリピートしたくなりますね!

4. 鶏と大豆のパエリア

サフランと言えば、パエリア!パエリアと言えば色鮮やかな具材がたっぷりの主役級ご飯、みんなでシェアしながらいただけるからパーティレシピにぴったりです。サフランの香りは魚介の風味ともとってもよく合います。旨みと香り、見た目にスペシャル感満載のレシピです。

特集

FEATURE CONTENTS