ごぼうを使った味噌汁レシピ10選!食物繊維をたっぷり摂取しよう♩

ごぼうは調理をすることで、コクと旨みが増す万能調味料のような存在です。さらには、100gmあたりに5.7gもの食物繊維が含まれていて、健康にも嬉しい食材なんです。みなさんも日頃からごぼうを摂取していきましょう♩

ごぼうの味噌汁を作ろう

食物繊維が豊富なごぼうは、シャキシャキとした食感と独特の香りがほっこりとさせてくれますよね。炊き込みご飯に煮物に味噌汁に……と毎日食卓に登場しているというご家庭も多いのではないでしょうか。これから寒くなってくると、体を温めてくれる汁物はホッさせてくれますよね。そこで今回は、ごぼうの下ごしらえから、ごぼうを使った味噌汁のレシピを幅広くご紹介します。

ごぼうを下ごしらえしよう!

一見面倒くさそうなごぼうの下ごしらえですが、コツさえ掴めば意外とかんたんです。料理によって異なる切り方も合わせてご紹介します。

ごぼうの皮むき

ごぼうには、皮と実の間に香りや旨みが多く含まれています。そのため、皮はできる限り薄く剥きましょう。

まずは、ごぼうをよく水洗いします。泥がついていて新鮮なものは、タワシでこする程度で大丈夫です。かんたんに薄く皮が向けていきます。また、時間が経過し、表面が硬くなっているものは、包丁の背でこするようにして皮をそぎ取ってください。タワシがなければ、丸めたアルミホイルでも代用できます。アルミホイルなら使用後そのまま捨てられるので、後片付けもかんたんです。

ごぼうの切り方

切り方は料理によって変えると良いでしょう。汁物や煮物の場合には、味の含みが良い「斜め切り」がおすすめです。5mm位の厚さになるように、斜めに包丁を入れましょう。歯ごたえを楽しみたい場合は厚めに切ってもおいしいですが、あまり厚いと火が通りにくく、食べにくいです。小さいお子さんや歯が悪い人がご家族にいる場合は、薄めに切った方が良いでしょう。

サラダにはシャキシャキとした食感が楽しめる「千切り」を、時短レシピに使うなら「ささがき」が良いでしょう。料理によって、またお好みでお選びください。

ごぼうのあく抜き

ごぼうはアクがとても強いので、切ったものから水につけていきましょう。時間は5~10分程度で十分です。水に長くつけ過ぎたり、水を頻繁に取り替えると、せっかくのごぼうの旨みまで抜けてしまいます。ササッと水につけてアクだけを取ってあげましょう。

ごぼうの味噌汁の人気レシピ10選

ごぼうを具材に使ったお味噌汁や醤油ベースの汁物、スープなどの汁物レシピを10選ご紹介します!

1. ぴらぴらごぼうとにんじんのごま味噌汁

名前の通り、ひらひら〜とするほど薄くスライスしたごぼうを使ったお味噌汁です。薄くスライスしてあるのでお子さまでも食べやすいですよ。ごま油を使っているのでコクがアップし風味も一層よくなります!根菜をたっぷり使った、寒い日に飲みたくなるようなホッとする味わいです。きぬさややネギをかけて彩りよく仕上げましょう。

2. ごぼうの天かす汁

ワカメ、天かすを加えたお醤油ベースの汁物です。斜め薄切りにしたごぼうで、旨みをしっかりと抽出します。ごぼうとワカメからたっぷりの食物繊維を摂取できるのはうれしいですよね。天かすとネギでコクと旨みがさらにアップします。

特集

SPECIAL CONTENTS