アクアパッツァってどんな料理?由来や簡単レシピを知りたい方は必見!

なんとなく耳にしたことはある「アクアパッツァ」。でも具体的にどういった料理なのかご存じない方も多いのではないでしょうか。アクアパッツァとはいったいどんなものなのか、作り方のコツやアレンジレシピまで詳しくご紹介します♩

2018年10月4日 更新

おしゃれイタリアン代表!アクアパッツァとは?

アクアパッツァという料理を聞いたことがありませんか?テレビなどで見たことがあったり、イタリアンレストランでなんとなくオーダーしたことはあっても、どのような料理かまではうまく説明できない……という方も多いのではないでしょう。今回は、そもそもアクアパッツァとはどういう料理なのか、また、家庭でも簡単に作れるアクアパッツァのレシピをご紹介いたします!

アクアパッツァってなに?

アクアパッツァの意味

アクアパッツァの本来の意味は、ブイヨンなどのだしを用いず、水とトマトだけで作った魚のスープのこと。「アクア」は「水」「パッツァ」は「奇妙な、狂った、暴れる」といった意味だそうで、油に水を入れて料理をするときに水が跳ねることから来ているとされています。

白身魚やトマト、ブラックオリーブなどを使っているイメージですが、厳密に使用する野菜や具材に決まりはありません。魚、野菜、お好みでハーブを入れ、お好みの味わいに仕上げましょう。

アクアパッツァの材料

アクアパッツァには水だけでなく白ワインを加えることも多く、使われる魚はタイやスズキ、タラなどの白身魚が多いです。魚も切り身ではなく、小型の魚を頭や尻尾を丸ごと使うとよりだしもたくさん出ておいしくなりますし、見た目も豪華になります。また、白身魚だけでなく、ムール貝やあさりなどの貝類、イカやタコを加えることも。白身魚単体で作るよりも旨みが凝縮された味わいに仕上がります。

そして何と言っても欠かせないのがトマト。魚介との相性はばっちりですし、赤色が加わることによって華やかになり、食欲をそそります。トマトは普通のものでもプチトマトでもかまいません。他にも玉ねぎやじゃがいもを加えてボリュームアップしても喜ばれることでしょう。仕上げにバジルやパセリなど、緑色を加えたらさらに鮮やかになりますね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう