Best of 箸休め!「きゅうりの浅漬け」の基本レシピ&アレンジまとめ

簡単で手早く作れる「きゅうりの浅漬け」は、あとひと品付け足したいときや、おつまみにも大活躍!今回は、塩のみで作る基本のレシピや、白だしや塩昆布を使って簡単に作る方法、具材を変えて楽しむ人気のアレンジをご紹介します。

きゅうりの浅漬けの基本レシピ

和食器に盛られたきゅうりの浅漬け

Photo by donguri

材料(2人分)

・きゅうり……1本
・水……100cc
・塩……5g

作り方

鍋の中で煮立たせている塩水

Photo by donguri

1. 鍋に水と塩を入れてひと煮立ちし、しっかりと冷まします。
まな板の上でカットされたきゅうり

Photo by donguri

2. きゅうりの両端を落としたら、5mm幅ほどの斜め切りにする。
きゅうりが入った密閉袋

Photo by donguri

3. ジッパー付きの保存袋に、1で作った大さじ1杯の塩水と、カットしたきゅうりを入れる。
密閉袋の中のきゅうり

Photo by donguri

4. なるべく空気が入らないように封をし、1分ほど手で揉み込む。
密閉袋の中のきゅうりの浅漬け

Photo by donguri

5. 冷蔵庫で2時間以上漬ければできあがり!

一本漬けもおすすめ!

密閉袋の中のきゅうりの一本漬け

Photo by donguri

一本付けにする場合も、5%の塩水に漬けて同じように作ることができます。切ったものより味が染み込みにくいので、漬け時間を長めにし、冷蔵庫でひと晩ほど寝かせてから食べるのがおすすめ!

夏のお祭りで食べる冷やしきゅうりのように、冷えたものを竹串にさして食べるとおいしいですよ。

塩水は冷蔵庫で保存OK

レシピの中で作る5%の塩水は、冷蔵庫に入れて2週間ほど保存できます。きゅうりだけでなく、キャベツ、にんじん、大根、なすなど、ほかの野菜の浅漬けにも使えるので、余ったものは捨てずに、上手に活用してみてくださいね。

浅漬けの素があればさらに簡単!

もっと手軽に浅漬けを楽しむなら、市販の素を使うと◎ 塩味を調整しなくても、切ったきゅうりを30分漬けるだけで、ほどよい味に仕上がります。きゅうりだけでなく、なす、トマト、大根、白菜など、さまざまな野菜に使えるのも魅力的!

ITEM

エバラ 浅漬けの素 レギュラー 500ml

エバラ食品の浅漬けの素レギュラーです。

¥229〜 ※2018年6月25日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

特集

SPECIAL CONTENTS