普通との違いは?中華風蒸しパン「マーラーカオ」のレシピも知りたい!

コンビニやスーパーでも見かける謎の蒸しパン「マーラーカオ」。キャラメルのような色合いをした不思議なネーミングですが、詳しくご存じですか。今回はいまじわじわ来ているマーラーカオの意味や由来、そして作り方についてもご紹介します!

お菓子?パン?中国発祥のマーラーカオとは

コンビニやスーパーのパンコーナーにて見かける、蒸しパンのような謎のマーラーカオ。皆さんは具体的にこれがどのような食べ物かご存じですか。その名前の響きからも分かるように、マーラーカオとは中国発祥の食べものです。
マーラーカオは江戸時代に中国から日本に伝わり、広がっていったようです。中国やマレーシアではそれ以前から食べられていたようですよ。

今回は、そんなマーラーカオの意味や由来、普通の蒸しパンとの違いや作り方についてご紹介します。そして、本場のマーラーカオが食べたいという方のためにおすすめのお店もご紹介していきましょう!

マーラーカオの意味と由来

マーラーカオという名前のもとは中国語です。地方によって「マーラーガオ」や「マーライゴ」と発音するところもあるようですが、一般的にはマーラーカオです。

マーラーカオの「マーラー」はマレーシアを、「カオ」はケーキやカステラのことを指しています。ストレートに考えると、マレーシアのケーキとなりますね。中国発祥、別名「中華風蒸しパン」とも称されるマーラーカオですが、一説によるとマレーシアから伝わってきたお菓子だという話もあるようです。

また、その他にも黒砂糖、醤油を使って作った際の色がマレー人に似ていることも由来になっているのではないかと言われています。

なぜマーラーカオというネーミングになったのかは定かではありませんが、マーラーカオの「マーラー」は漢字で表記すると「馬拉」となり、これは馬が何かものを引っ張るという意味を持つことから、当初は屋台で販売されていたのではないかとも噂されています。とはいえ、今となってはそれも探りようがありません。

日本に伝わったのは江戸時代ですが、優しい味わいともち米のようなもっちりとした食感が日本人にもウケ、あっという間に日本でも親しまれるようになりました。現在ではマーラーカオを販売するお店も増えてきましたね。

マーラーカオの作り方

難しそうなイメージのマーラーカオですが、マーラーカオは、材料と炊飯器があれば自宅でも簡単に作ることができます!ここでは、基本のマーラーカオの作り方をご紹介します。

基本のマーラーカオ

材料
・薄力粉とベーキングパウダー
・卵
・黒糖
・溶かしバター
・はちみつ
・牛乳
作り方
1.牛乳はあらかじめ常温に戻しておきましょう。常温にしておくことで薄力粉やバターなどその他の材料と絡みやすくなります。
2.卵にはちみつを混ぜておきましょう。こうすることで味にまとまりがでます。
3.卵液の入ったボウルの中に、その他の材料を入れて混ぜ合わせましょう。しっかりと手早く混ぜるのがポイントです。
4.お好みの型に入れ、15分ほど蒸したら完成です。蒸し器がある方は蒸し器を、ない場合はお皿に並べて水を薄くひき、電子レンジで加熱してもOKです。
蒸す時間は、型の大きさやご家庭の火力によって調節してください。竹串をさして生地がついてこなければ、中心まで火が通っている証拠です。なめらかな食感にしたいときには、小麦粉をあらかじめ振るっておきましょう。混ぜすぎてしまうと、グルテンの働きで食感が悪くなるため、ご注意を。もちもちふわふわに仕上げたい時は、さっくりと全体を混ぜ合わせる程度がおすすめです。ヘラを使い、「切るように」混ぜましょう。

基本に慣れてきたら、ココアパウダーやナッツ類等を加えて、アレンジレシピを楽しんでみてくださいね。

炊飯器で簡単マーラーカオ

特集

SPECIAL CONTENTS