「大根の味噌汁」の基本&具材別レシピ。切り方と部位で上質仕上げ

日本の食卓に欠かせない味噌汁。いろいろな具がありますが、この記事では大根にスポットを当てました。大根の味噌汁の基本レシピやコツ、具材のおすすめの組み合わせなどをご紹介します。切り方や材料を変えるだけでも、いろいろなバリエーションが楽しめますよ。

2019年6月28日 更新

大根の切り方

おすすめは、「短冊切り」です。繊維に沿うように切りましょう。そうすれば火の通りも早く、見た目もきれいに仕上がります。

ほかには繊維を断つように切る「いちょう切り」や、短冊切りより細い「千切り」もあります。一緒に入れる具やお好みに合わせて切り方を変えて楽しんでくださいね。

使う大根の部位

大根は、部位によって甘みや辛みに違いがあり、葉っぱ側のほうが甘く、先端にいくほど辛くなっています。

味噌汁に入れる場合、葉っぱ側・真ん中・先端の3つに大きく分けると先端を使うのがおすすめ。先端部分は辛みが強く繊維もしっかりしていますが、味噌汁のように煮ることで辛みが和らぎやわらかくなります。

どんな具材が合う? 大根の味噌汁の人気レシピ8選

1. 豆腐と大根の味噌汁

味噌汁の定番といったら豆腐ですよね。もちろん大根との相性もばっちりです。豆腐はさいの目切りに切って、大根に火が通ったら鍋に加えます。なめらかな口あたりが好きな人は「絹ごし豆腐」、しっかりとした食感が好きな人は「木綿豆腐」を選びましょう。

2. 大根と油揚げとわかめの味噌汁

油揚げも味噌汁の定番食材のひとつですね。油揚げを味噌汁に入れると、コクや旨みが増してぐんとおいしくなります。さらに、磯の風味が感じられるわかめもプラス。油揚げは油臭さを和らげるため、油抜きも忘れずにおこないましょう。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう