「大根の味噌汁」の基本&具材別レシピ。切り方と部位で上質仕上げ

日本の食卓に欠かせない味噌汁。いろいろな具がありますが、この記事では大根にスポットを当てました。大根の味噌汁の基本レシピやコツ、具材のおすすめの組み合わせなどをご紹介します。切り方や材料を変えるだけでも、いろいろなバリエーションが楽しめますよ。

2020年1月27日 更新

どんな具材が合う? 大根の味噌汁の人気レシピ8選

1. 豆腐と大根の味噌汁

味噌汁の定番といったら豆腐ですよね。もちろん大根との相性もばっちりです。豆腐はさいの目切りに切って、大根に火が通ったら鍋に加えます。なめらかな口あたりが好きな人は「絹ごし豆腐」、しっかりとした食感が好きな人は「木綿豆腐」を選びましょう。

2. 大根と油揚げとわかめの味噌汁

油揚げも味噌汁の定番食材のひとつですね。油揚げを味噌汁に入れると、コクや旨みが増してぐんとおいしくなります。さらに、磯の風味が感じられるわかめもプラス。油揚げは油臭さを和らげるため、油抜きも忘れずにおこないましょう。

3. 大根と玉ねぎの味噌汁

大根と玉ねぎ、ダブルの甘みでやさしい味わいの味噌汁です。玉ねぎは縦に薄く切ると、歯ごたえや食感が楽しめます。玉ねぎと大根は一緒に鍋に入れて煮れば、両方ともちょうどよい火の通り具合になりますよ。大根がしんなりしたころが食べ頃です。

4. 大根とにんじんと白菜の味噌汁

にんじんのオレンジが色鮮やかな味噌汁です。にんじんと大根の切り方は、そろえるほうがまとまりよく仕上がります。短冊切りでそろえても、いちょう切りでそろえてもOKです。そこにシャキシャキ白菜を加えて、栄養をしっかり摂れるひと品に。

5. 大根とえのきの味噌汁

大根とえのきのコンビは、意外と思いつかない組み合わせ。えのきは価格の変動があまりなく、家計にもやさしい食材ですね。大根はえのきの形に合わせて千切りにしましょう。透明になるまでじっくり加熱すると、甘みがぐっと引き立ちますよ。

6. 大根となめこの味噌汁

食感がよく食べ応えのあるなめこは、味噌汁にとろみをつけて深い風味に仕上げてくれます。大根は色が薄く淡白な味わいなので、たっぷりと使うのがポイント。夕飯に食べる場合、朝作っておけば味がしっかり染み込みますよ。

特集

FEATURE CONTENTS