栗の渋皮煮の作り方&人気レシピ。剥き方や重曹なしの方法も解説!

食欲の秋、栗をおいしく味わいたいですよね。今回は栗の渋皮煮の作り方と、渋皮煮を使った人気レシピ7選をご紹介します。手作りするにはむずかしそうな渋皮煮ですが、手順は意外と簡単!コツを押さえて、栗本来の風味を余すことなく堪能してください♪

2019年6月17日 更新

栗の渋皮煮の基本レシピ

白いお皿に盛られた栗の渋皮煮

Photo by uli04_29

つやつやした見た目が特徴の「栗の渋皮煮」。ほっこりやわらかい栗のやさしい甘みと、深い風味で思わず頬が緩みます。手間はかかるけれど、絶品の渋皮煮。ぜひ、手作りにチャレンジしてみましょう!

材料(栗400g分)226.4kcal/2〜3個分(※)

テーブルに並んだ栗の渋皮煮の材料

Photo by uli04_29

・栗……400g
・砂糖……400g
・重曹……大さじ1杯
・ブランデー……適量(お好みで)

※重曹を使って栗をゆでるので、アルミ鍋は絶対に使用しないでください。重曹で黒ずんでしまいます。
※カロリーはブランデー大さじ2杯分で計算しています。

栗の下ごしらえ

栗を水に浸けている様子

Photo by uli04_29

1. 栗の皮を剥きやすくするため、栗とたっぷりの水をボウルに入れ、半日からひと晩浸けておきます。時間がない場合は、沸かしたお湯に栗を20分ほど浸けておきましょう。
皮を剥かれた栗

Photo by uli04_29

2. 栗を剥いていきます。渋皮を傷つけないように注意しましょう。この時点で、筋などの皮を完全に取り除く必要はありません。
重曹を加えている様子

Photo by uli04_29

3. 鍋に栗が浸るくらいの水と、分量1/3の重曹(小さじ1杯)、皮を剥いた栗を入れ、中火にかけます。ブクブク沸騰してきたら、弱火にして10分煮てください。鍋の中は、栗から出たアクで真っ黒になりますが、問題ありません。
栗を水にくぐらせている様子

Photo by uli04_29

4. 栗を、水を張ったボウルに取って、手で触れられるくらいまで冷まします。
栗の下ごしらえをしている様子

Photo by uli04_29

5. 筋や皮の残りを竹串や爪楊枝を使って、丁寧に取り除きます。作業していない栗は、なるべく水に浸しておきましょう。
栗の下ごしらえをしている様子

Photo by uli04_29

6. 3~5の作業を、あと2回繰り返します。
栗の下ごしらえをしている様子

Photo by uli04_29

7. 重曹抜きをしていきます。再度、鍋にたっぷりの水と栗を入れ、中火にかけます。沸騰したら弱火にして5分間ゆでたら、ゆで汁をこぼします。ゆで汁が澄んでくるまで、この作業を2回ほど繰り返しましょう。

作り方

砂糖を加えている様子

Photo by uli04_29

1. 鍋に下ごしらえしておいた栗と、栗がひたひたになるくらいの水、そして分量1/3の砂糖を入れます。
落としぶたをしている様子

Photo by uli04_29

2. クッキングシートに穴をあけたもので、落とし蓋をします。
砂糖を加えている様子

Photo by uli04_29

3. 鍋を中火にかけて沸騰したらすぐに弱火にし、残りの砂糖を10分間隔で2回に分けて加え、20~30分煮ます。
ブランデーを入れている様子

Photo by uli04_29

4. 鍋を火からおろしたら、ブランデーをまわし入れます。
完成した栗の渋皮煮

Photo by uli04_29

5. 冷めたら完成です!ツヤを出したい場合は、シロップを煮詰めるか、ブランデーを加える前に水飴を入れましょう。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう