ローディング中

Loading...

自宅で栗料理を作るとき、栗のむき方でつまづくことありませんか?分厚く硬い、やっかいな皮をきれいにむく方法を紹介します。冷蔵・冷凍での保存の仕方や保存期限、茹で方のコツ、そしてひと手間加えたアレンジレシピまで細かくお伝えします。栗好き必見!

栗のむき方に苦労してない?

蒸してよし、炒めてよし、揚げてよし、焼いてよし。それに加えて、和・洋・中どのジャンルの料理とも、さらにはスイーツとも相性抜群な秋の味覚と言えば?そうです、栗です。

話は変わりますが、栗を手に入れてほくほく気分で自宅に持ち帰り、いざ下処理をしようとしたとき、想像以上の皮の硬さに苦戦した経験あると思います。力任せに包丁を使って無理やり皮をむこうとすれば、指を切る危険性があります。と言うかむしろ、この時点で早くもギブアップしてしまう人が多いのでは?

バラエティに富んだ調理に大活躍な旬の味覚・栗のむき方やおいしい食べ方について、詳しくお話します。完全保存版になること、間違いなしです。

栗の構造や栄養をまず知る

栗自体の構造や栄養についてよく分からないまま、やみくもに包丁を入れるのは危険すぎます。これは、相手のことを何も知らないまま、イチかバチかで戦いを挑むようなものです。というわけで早速、栗の構造や栄養について調べてみましょう。

鬼皮と渋皮

栗に限らず木の実全般に言えることですが、外側には鬼皮と言う皮があるのをご存知でしたか?とても分厚く、硬いので無理やり包丁でむこうとした場合、ケガをする恐れがあるので気を付けてくださいね。

そして、この鬼皮の内側は「渋皮」という赤茶色っぽい薄い皮で覆われています。ぱっくり毛穴やたるんでしまった肌をキュッと引き締める効果にすぐれた、タンニンが多く含まれているんですよ。ポリフェノールの1種で、アンチエイジング効果も見込めることから美肌成分として大きな注目を浴びています。

高い美容効果がある渋皮は、もちろん食べてもOK。エグみや雑味があるため渋皮をむいてから食べる、という人が多いようです。けれど、最近は渋皮付きの甘栗も販売されているんですよ。ちなみに栗の主成分はデンプンなので、100gあたり164kcalと果実類の中でもトップクラスの高カロリーを誇ります。食べ過ぎには、注意してくださいね。

栗のむき方

では早速、栗の皮をむいてみましょう。さまざまな方法でのむき方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

茹でてから冷凍

鍋の中に水と塩、それから栗を入れて沸騰させ栗を茹でます。沸騰したら、1分間そのまま放置。1分経ったら火を消して鍋にふたを落とし、しばらくそのままの状態で粗熱をとりましょう。手で触れる程度まで温度が下がっていたらお湯を捨て、鍋ごと冷凍庫の中に入れてください。このまま冷凍保存も可能です。

あとは、栗を使って料理をつくるとき、そのまま食べるときなど、必要なときに解凍して鬼皮をむくだけ。あらかじめ、ザラザラした底の部分に切れ目を入れておけば、鬼皮と渋皮の両方がツルっときれいに取れるんだそう。

圧力鍋

あとで皮がむきやすいように、栗のとがった部分に十字に切り込みを入れておきます。包丁の刃先や尖った部分で切らないように、気をつけて下さいね。圧力鍋の中に、栗が浸るくらいの量の水を入れたら、ふたをして重しを乗せて火を付けます。圧力鍋のつまみがまわりはじめてから、10分ほど加熱。その後火を止めて、自然に圧力が抜けていくのを待ち、栗をザルにあげてください。

圧力鍋の種類によりますが、調理の時間によって多少の差があります。もっとも弱い加圧でも、7分もあれば完成。ちなみに、前もって1時間以上お湯の中に漬けてから圧力鍋を使うと、皮がやわらかくなって切れ込みが入れやすくなりますよ。

フライパン

皮を剥きやすくするため、鬼皮の尖った部分に十字型に切り込みを入れておきます。熱したフライパンに油をひき、栗を煎ってください。鬼皮に焦げ目がつき、切り込み部分がぱっくり裂けたら火を止めて新聞紙に並べます。手で触れるくらいの温度まで下がったら、皮を剥きましょう。

ちなみに、完全に熱が冷めてしまうと皮が剥きにくくなってしまうので、煎ったあとの温度管理には気を付けてください。少量ずつ煎るのがポイントです。

電子レンジ

栗のザラザラした底面に、包丁で深い切れ目を入れておきます。耐熱容器の中に栗が浸るくらいの水を入れたら、ラップをかけて電子レンジ(600w)で3分間加熱しましょう。また、加熱するときは10個くらいを目安に、少しずつ入れるようにしてくださいね。なぜなら、栗が極端に多すぎると電子レンジの熱で水分が飛びすぎて、爆発してしまう恐れがあるためです。

栗むき専用道具

栗の皮むき専用アイテム、「栗くり坊主」がおすすめ。片方の刃にはノコギリのような鋭い刃が、もう一方にはハサミの刃がついていて、栗を両刃の間に挟むだけで鬼皮と渋皮、両方をきれいに取れるんだそうです。

この便利な道具を使えば、茹でたり煎ったりする必要なく、生栗からでも簡単にむけるというすぐれたアイテムなんですよ。時間がなくて、簡単に皮むきしたい方は専用道具を使うのも、アリだと思いますよ。
http://macaro-ni.jp/34315

出典:楽天市場

【送料無料メール便専用】 栗くり坊主2 ホワイト 【smtb-k】【ky】

¥1674

楽天市場で購入

渋皮のむき方

鬼皮という名前だけあって、鎧のような強力な皮を破るには煮たり焼いたりして突破する必要があるんですね……。でも、薄い渋皮だったらどこの家庭にでもあれアレで、簡単にスルッとむけるんですよ。

それはずばり、歯ブラシ。上下左右に軽く動かくだけで簡単にむけるので、小さいお子さんと一緒に料理の過程を楽しめそうですね。

あとは、一晩水につけてみてください。鬼皮をむいたあと、ボウルの中に水と栗を一緒に入れて一晩寝かせると、ふやけて渋皮をむきやすくなるからです。時間があるとき、ぜひこちらの方法も試してみてみましょう。

保存方法

次にお教えするのは、一生懸命皮をむいた栗をおいしく保存する方法です。常温での保存も可能なのですが、虫がついていた場合傷んでしまうのであまり日持ちはしません。ここでは冷蔵・冷凍ふたつの保存の仕方をご紹介しますので、ぜひとも参考にしてみてください。

冷蔵

栗を冷蔵保存すると、寒さから身を守ろうとして甘味が格段にアップするんだそう。4〜6週間程度の保存で、甘味が通常の3倍近くにも増します。保存の仕方は、皮のついた栗を水洗いせず汚れだけ軽くふき取り、新聞紙でくるんでから小さな穴を開けたビニール袋に入れておきます。

冷蔵庫のチルド室があればその中に、もしなければ1番冷えている場所に置いて保管するといいようです。ちなみに、保存期限は1~3ヶ月。湿気があるとカビが生えてしまう可能性があるので、注意してくださいね。

冷凍

冷凍保存する場合、皮をむいてもむかなくてもどちらでも構いません。栗を水洗いしたらキッチンペーパーでよく水気をふき取ります。フリーザーバッグに入れ、空気をしっかりと抜いてから冷凍庫に入れて保存します。

調理するときは、解凍するとベチャベチャになって型くずれしてしまいます。皮をむいた状態であれば、解凍せずそのまま使うのがおすすめです。逆に皮が付いたままの場合は、上で紹介したいくつかの方法をうまく活用してみてください。保存期間は、冷凍してからおよそ6ヶ月持ちます。

おすすめの栗レシピ

丹精込めて下準備した栗を使って、料理をさらにおいしく美しく彩るレシピをいくつかご紹介しましょう。まず、おいしい茹で方を覚えて、アレンジしてみましょう。

おいしい茹で方

鬼皮と渋皮をむいたらすぐ、水にさらしてアク抜きをしましょう。苦味やエグ味、雑味を取り除き、かつ変色や素材の型崩れを防ぐためです。なので、皮をむいたらすぐ、2〜3時間は水に浸す、という流れを覚えておくといいですよ。

食べ過ぎ注意の金色の甘露煮

お湯張った鍋に栗を入れ、火を付けます。触れるくらいの温度になったら、栗を取り出して鬼皮と渋皮をむき、直ぐに水にさらしてあく抜きしましょう。栗をすべて沸騰したお湯の中に入れ、5分茹でてザルにこぼします。水を入れたボウルの中に、クチナシの実を割って浸してください。

鍋の中に栗を入れ、クチナシを浸した水を加えます。沸騰させたら弱火にして砂糖を入れ、
水に溶けたらクッキングシートで落しフタを作り、そのまま15〜20分ほど煮込みましょう。

最後に料理酒や塩などの調味料を加え、煮立たせてから火を止めます。保存容器に流し入れてクチナシを取り除き、冷ましたら完成です。

シンプルな栗ご飯

栗は一晩水につけて、皮をむきやすくしておきましょう。鬼皮・渋皮両方ともスルッとむきやすくなっているはずです。皮をむき終わったら、水にさらしておきます。洗った米をザルにあげ胡麻油をまぶしたら、もち米、栗、調味料を加えて炊飯器をセットしましょう。

炊きあがったら栗がくずれないようにやさしく混ぜ、お茶碗に盛りつけたら完成です。

栗の渋皮煮のしっとりケーキ

バターと卵は室温に戻しておき、粉類とベーキングパウダーを合わせてふるっておきます。
栗の渋皮ごと砂糖で煮詰めた渋皮煮を裏ごしし、ブランデーを加えてマロンペーストを作りましょう。ボウルにバターを入れて泡立て器を使ってやわらかくなるまで練り、砂糖を加えてふんわりするまで混ぜます。そこに溶き卵、塩、マロンペーストを加えて、さらによく混ぜましょう。

ふるっておいた粉を加え、つやが出るまでヘラで混ぜます。ラップをして、冷蔵庫で1時間、時間があれば一晩寝かせるとさらにいいでしょう。紙を敷いた型に生地を流し入れます。中央に栗を並べ、さらに上から生地を加えてください。オーブンで50分ほど焼き、冷めたら完成です。

栗のむき方完全版

栗料理は大好きだけど、わりと下処理に手こずる人も多かったのではないでしょうか?栗の実にたどりつくためにはまず、鬼皮と呼ばれる分厚くて硬い皮を、次に待ち構える薄〜い渋皮は、圧力鍋やフライパン、電子レンジなどをうまく活用して、突破しなければなりません。

今では、いとも簡単に撃退できる皮むき専用アイテムまで発売されています。これまで苦戦を強いられてきた方々、このアイテムが苦労を喜びに変えてくれるはずです。保存方法やおいしく食べられるアレンジレシピに至るまで、多岐に渡り盛りだくさんな内容でご紹介しました。この記事を読み終わる頃にはきっと、皮むきマスターになれるかも?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

オクラ レシピ

ネバネバの食感が人気のオクラ。サラダや和え物においしいオクラですが、ちょうどよい茹で時間をご存知ですか?オクラをおいしく食べられる茹で方と茹で時間、おすすめのオクラレシピまでご紹介します。食欲のない時にも大活…

お弁当 アレンジレシピ

毎日のお弁当作り、たまにはキャラ弁でも……と思っても、なかなかハードル高く感じませんか。そんな人こそぜひチャレンジしてほしい、簡単ステップの超絶かわいいレシピ。お弁当にお花が咲きほ…

日々の食卓のおかずやお弁当に最適なウインナー。でも、おいしい茹で方を気にしたことってありますか?茹でる時間やお湯の温度が重要なんですよ、今回は、おいしさに差が出るウインナーの茹で方のコツをご紹介します。

ラーメン レシピ アレンジレシピ

インスタント麺で人気のマルタイの棒ラーメンが今密かに話題になっています。人気デリスタグラマーのヒグッチーニさんから火がついた「棒ラーメンカスタマイズ」は、簡単アレンジでお店のラーメンを再現。いったいどんなアレ…

茹でるだけでおいしいスナップえんどう。春に旬をむかえるスナップエンドウの一番おいしい茹で時間はどれくらいでしょう?弾けるような食感とほどよい甘さは、まるでスナックのよう。塩をふるだけでおいしいスナップエンドウ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

ラスク パン レシピ まとめ

サンドウィッチを作る時に切り落としてしまうこともある「パンの耳」。しかし捨てるのはもったいない!どうせならおいしいおやつやおつまみにしてみませんか?ということで、パンの耳ラスクのご紹介です。簡単レシピなので、…

アボカド レシピ チーズ

今回は、アボカドがお腹いっぱい食べられる「アボカドエッグボート」をご紹介。器にしたアボカドに、好きな素材と卵黄を入れて焼きあげます。具にはサーモンとクリームチーズ、人気のツナとコーンのコンビなど、作ってみたく…

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。