自家製「マロングラッセ」で作るアレンジレシピ。贅沢なティータイムにいかが?

栗を数日かけて煮詰めて作るマロングラッセは高級感のあるお菓子ですね。手間暇かけた自家製のマロングラッセは、市販のものに比べるとひと味もふた味も違ってきます。今回は、その作り方やアレンジレシピをご紹介します。エレガントなティータイムにどうぞ。

2016年7月27日 更新

マロングラッセ

秋の味覚の代表のひとつと言えば栗ですね。この栗を使った、スイーツの中でも特に有名なのが「マロングラッセ」です。非常に歴史の古いスイーツで、マケドニアのアレキサンダー大王の時代から食されてきたとか。手間暇かけてじっくると作るマロングラッセは、また格別のお味です。この秋、おいしそうな栗が手に入ったら、ぜひ自家製マロングラッセに挑戦してみませんか?

マロングラッセの基本的な作り方

材料

・皮をむいた栗
・水
・砂糖
・転化糖(トリモリン)
・バニラのさや(縦に切って種をかきだす)

渋皮をむく

栗の外側の皮(鬼皮)をむき、渋皮のついた栗をきれいに洗います。深めのお鍋に栗を入れ、ひたひたになるぐらいまで水を入れてください。火にかけ沸騰させたら、弱火で5〜10分煮ます。火を止めそのまま置き、手で触れる程度になるまで冷まします。栗があたたかい方が渋皮がむきやすいので、冷ましすぎないようにしましょう。

栗を潰さないように気をつけながら渋皮を取り除きます。爪楊枝を使うとうまく取れますよ。渋皮を剝いた栗をペーパータオルか布巾で水気を取り、栗の重さを量ります。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう