おしゃれで簡単「オ・レ・グラッセ」を作っておうちカフェを楽しもう

メチャメチャ見た目がオシャレな”オ・レ・グラッセ”というコーヒードリンクの作り方をご紹介です。家庭で手に入る道具や材料で簡単に作ることが出来ちゃいます!これで、友人などが遊びにきた時におもてなししたら、ビックリすること間違いなしですよ!!

こんなオシャレなドリンクが家でも簡単に作れちゃいます!

”オ・レ・グラッセ”という飲み物を聞いたことがあるでしょうか?

渋谷の”茶亭 羽當”というカフェに行った時、他のお客さんが頼んでいるのを見て、その見た目に一目惚れしたドリンクです。
フランス後で、”au lait glace”と書くこちらのドリンクは、laitがミルク。
glaceがフランス料理用語で、つやを出す調理法。そのように調理した食品を指します。

カフェオレに甘いガムシロップが入っていて、コーヒーとミルクがキレイに
2層に分かれているドリンクと思っていただければ大丈夫です。

”オ・レ・グレッセ”の作り方を紹介します!!

では、実際に作り方の説明に入ります。

ポイントは、
①ガムシロップの甘さに負けないような、ちょっと苦目めのコーヒーを使う
②キレイに2層にするため、コーヒーを静かに注ぐ

上記2点です。

今回は、レシピを紹介しますが、お好みで分量を変えて味の調節を
行ってください。

【レシピ】
・ガムシロップ 30ccくらい
・ミルク 100cc
・アイスコーヒー 50cc
※アイスコーヒーは水出しコーヒーだとベスト!
【手順】

①グラスにガムシロップを約30cc入れる
②ミルクを100cc入れる
③よく混ぜて溶かす
④アイスコーヒーを50ccフロートさせる
※勢いよく注ぐと沈んでしまうので、スプーンなどを使って傳わせながら入れると良い。­氷をグラスに多めに入れて、氷にぶつけながら注いでもOK!

文字だけですと分かりづらい部分もありますので、作り方やオ・レ・グラッセについて説明した動画も今回添えさせていただきました。
良かったら参考にご覧になってみてください。

最後に、”オ・レ・グラッセ”をより美味しく飲む方法をご紹介!

”オ・レ・グラッセ”の作り方はいかがでしたでしょうか?
とても簡単だったですよね?!

完成したら、いよいよ実際に飲んでみましょう。

ここで、飲む時のポイントが1つだけあります。
それは、

「コーヒーとミルクの部分を一緒に飲むこと」です。

しっかりグラスの傾けて、コーヒーとミルクの部分を一緒に飲むことで、ミルクの部分の甘みとコーヒーの部分の苦味を同時に感じてとても美味しいです!!

逆に、グラスをあまり傾けず、先にコーヒーの部分だげに飲んでしまうと、最初がとても苦くて、後がとても甘い状態になってしまうので気をつけてください。

最後に・・・・

今回の記事はいかがだったでしょうか?

今回は、ミルクが下でコーヒーが上の層でしたが、逆パターンの層でも作ることが出来ますので、良かったら試してみてくださいね!

これからも、バリスタという立場で色々とカフェやコーヒーなどの情報を書いていきたいと思っています。

Facebookページなどで情報発信を普段していますので、もしご興味ありましたらご覧になってみてください!

執筆者

私のバリスタとしてのミッションは  『バリスタという仕事を通して、1人1人の日常生活にちょっとした活力を与えること』  普段はカフェでバリスタとして働きながら、空いた時間にラテアート体験会やカフェ会などを開催しています。  今の仕事を通して、webを使ってオススメカフェやコーヒーなどドリンクに関連した情報を発信していきたいと思っています。

ぎっさん 私のバリスタとしてのミッションは 『バリスタという仕事を通して、1人1人の日常生活にちょっとした活力を与えること』 普段はカフェでバリスタとして働きながら、空いた時間にラテアート体験会やカフェ会などを開催しています。 今の仕事を通して、webを使ってオススメカフェやコーヒーなどドリンクに関連した情報を発信していきたいと思っています。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS