おすすめ水出しコーヒー器具12選!種類や選び方のポイントも

水でじっくりと抽出した「水出しコーヒー」は、さっぱりおいしい!今回は、水出しコーヒーをいれるための器具についてご紹介します。いくつかの種類があるので、その特徴と使い方についてもチェックしてみましょう。暑い時期やすっきりと目覚めたい朝に、水出しコーヒーはいかが?

2019年1月26日 更新

水出しコーヒー器具の種類と使い方

水出しコーヒーの器具

Photo by Snapmart

ドリッパー・サーバータイプ

水出しコーヒー器具の種類のなかで、一番本格的なのがドリッパー・サーバータイプ。値段はピンキリで、安いものは1,000円代から、高いものになると5万円以上するものも。

コーヒー豆と水をセットし、ゆっくりと水を点滴しながら抽出します。製品によっては、点滴の量を調整できるコックやレバーがついていることも。

ポットタイプ

ストレーナー(茶こしのように網状の器具)にコーヒー豆を入れ、水を注いで冷蔵庫で水出しをおこなうタイプの器具です。ドリッパーよりも手軽にいれられるので、毎日気軽に水出しコーヒーを楽しみたい方におすすめ。

夜にセットして冷蔵庫に置いておけば、翌朝には水出しコーヒーができあがります。

パックタイプ

ドリッパータイプ・ポットタイプよりもさらに手軽なのがパックタイプ。お茶パックと同じ要領で使えます。水を注いだポットなどにパックを入れ、冷蔵庫に数時間置いておくだけでOK!

ドリッパータイプやポットタイプはまだ敷居が高いな……という方は、こちらのタイプで気軽に水出しコーヒーを楽しんでみてはいかが?
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう