混ぜる?混ぜない?ウインナーコーヒーの飲み方&おいしい作り方♩

コーヒーの上に生クリームがたっぷりとのった「ウインナーコーヒー」。注文したはいいけど、上手に飲めなかった……という経験のある方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は、ウインナーコーヒーの飲み方やおうちでの作り方、名前の由来までご紹介!

ウインナーコーヒーのおいしい飲み方が知りたい!

温かいコーヒーに、たっぷりの生クリームが浮かんだ「ウインナーコーヒー」。コーヒーと生クリームが混ざり合うと、苦味が緩和されクリーミーな味わいになります。

ウインナーコーヒーの醍醐味は、なんと言っても生クリーム。コーヒーが見えないほど、生クリームを盛るのが一般的です。山盛りの生クリームはとても嬉しいですが、いざ飲むとき困ることがありますよね。うまく飲めなくてこぼしてしまったり、生クリームばかり残ってしまったりします。

そこで今回は、ウインナーコーヒーをスマートに飲む方法をご紹介。お家で作れるレシピも、あわせてご覧くださいね。

名前の由来は?「ウインナーコーヒー」とは

一般的に、ウインナーコーヒーとは、泡立てた生クリームをコーヒーのうえにのせた飲み物のことを言います。

ホットとアイスがあり、それぞれ違った飲み方が楽しめます。また、泡立てる前の生クリームを浮かせたものもあり、お店によってさまざまです。

どんな意味?名前の由来

ウインナーコーヒーは、オーストリアのウィーン発祥のコーヒーの飲み方で、「ウィーン風」という意味で「ウインナー」という名前がつきました。

しかし、この名称になったウィーンには、ウインナーコーヒーはなく、それに近い「アインシュペナー」や「カフェー・ミット・シュラークオーバス」などがあります。

混ぜる?混ぜない?ウインナーコーヒーの飲み方

「正しい飲み方」というのは基本的にはなく、自分の飲みやすい方法で飲むのが一番です。しかし、ウインナーコーヒーは山盛りの生クリームが盛り付けられています。かき混ぜて飲もうとすると、すぐにこぼれてしまい上手に飲めないことが多いです。

混ぜるのか、混ぜないのかが大きなポイントとなりそうですね。

通は混ぜない!

コーヒーカップにたっぷりの生クリーム、目の前にするとついついミルクを入れる感覚でかき混ぜたくなりますね。

しかし、混ぜると溢れてしまうこともあるため、最初のうちは混ぜて飲まないのがおすすめ。まずは、生クリームをすこし持ち上げるようにしてコーヒーをすすり、コーヒーが減ってきたところで生クリームと混ぜる……。こうすることで、こぼすことなく飲みきれますよ。

アイスウインナーコーヒーの飲み方

アイスウインナーコーヒーは冷たいため、アイスコーヒーと生クリームがとても混ざりにくいです。冷たい飲み物に油分は溶けませんから、いくら待っても生クリームは溶けず、分離してきます。

アイスウインナーコーヒーを注文すると、スプーンが付いてくるため、それを使ってコーヒー生クリームをなめながらコーヒーを飲む、というのがベストな飲み方。もしスプーンがついてこなかった場合は、店員さんにお願いしてみましょう。

シナモン付きウインナーコーヒーの飲み方

ときには、ウインナーコーヒーにシナモンスティックが添えてあるなんてことも。通常ですと、かき混ぜて香りを楽しみながら飲むのですが、ウインナーコーヒーの場合は、生クリームがありかき混ぜにくいです。

この場合は、無理してかき混ぜず、そのまま浸してシナモンの風味をコーヒーにつけて飲みましょう。

ウインナーコーヒーの作り方

ウインナーコーヒーは、自宅でも簡単に作れるんです。お気に入りのカップに入れれば、優雅なティータイムが楽しめますね。早速、作ってみましょう!

作り方

1. 高脂肪の生クリームを7分立てに泡立てます。このとき、お好みで生クリームに砂糖を加えてもOKです。

2. やや深煎り~深い入り豆で、コーヒーを抽出します。

3. 温めたカップにザラメを適量入れ、コーヒーを注ぎます。その上にホイップした生クリームを浮かべて、完成です。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう