ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

教えてくれた人

Photo by macaroni

アドバンスド・コーヒーマイスター/ビバ中川さん
日本スペシャルティコーヒー協会認定アドバンスド・コーヒーマイスター。株式会社アマナのコーヒークリエイターとしても活躍中。コーヒーは“五感を刺激するメディア”と称し、バリスタにとどまらずカフェの監修や新しいコーヒーの楽しみ方を提案するなど活動の幅を広げている。自身のコーヒーネーム「VIVA(ビバ)」を冠したお店「VIVA COFFEE」が2021年4月中旬にオープン予定。
第3弾では「コーヒー グッズの選び方」についてご紹介しましたが、連載最後となる第4弾はいよいよおいしいコーヒーの淹れ方をレクチャーしてもらいます! 初心者でも取り組みやすいポイントを3つ教えていただきました。

▼第3弾の連載はこちら

その1. 必ず鮮度の良い豆を使う

まず、おいしいコーヒーを淹れるには豆の鮮度に注目することが大切。これまでの連載でも豆について学びましたが、おいしく淹れるには素材の質がとても大事ということがわかりました。初心者でも鮮度が良いかどうか判断できるのでしょうか。

ビバ中川さん:
「簡単に鮮度の良し悪しを判断する方法があります。着目するのは焙煎日と賞味期限。コーヒーは焙煎後4~5日から2週間までがおいしさのピークなので、なるべくこの期間内に楽しむとよいでしょう。

チェーン店のコーヒーだと焙煎日が記載されていない製品も多いので、その場合は賞味期限をチェック。メーカーにより異なるものの、だいたい焙煎日から半年後か1年後が賞味期限に設定されています」

Photo by macaroni

パッケージには必ず賞味期限が記載されている。逆算すると2月9日が焙煎日だと考えられる。
ビバ中川さん:
大手のものはパッケージの賞味期限日から半年か1年分を逆算してみて、購入日に近い日付を焙煎日と考えてよいでしょう。先ほども申し上げた通り、コーヒーのおいしいピーク期間は10日間前後と短いので、賞味期限がかなり先でもなるべく早めに飲み切るのがおいしく楽しむコツです」

連載第2弾では「コーヒー豆の買い方」について紹介しています。こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

その2. 好みに合わせてコーヒーの挽き目を変える

Photo by macaroni

2つ目のポイントとなるのは、コーヒーの挽き目。挽き目とはコーヒー豆の挽き具合のことで、粒度の違いで味も大きく変わるそうです。

ビバ中川さん:
「コーヒーの挽き目は大まかに粗挽き、中挽き、細挽きに分けられます。細かくなるほどお湯と接する面積が増えるため、味が出やすくなることを覚えておきましょう。

ただし粒度が小さいと豆の酸化が早くなるため、えぐみや雑味が出やすいというデメリットもあります。初心者へのおすすめはスタンダードな粗挽きです」

【中粗挽き】ハンドドリップに使用しやすいスタンダードな挽き目

Photo by macaroni

ビバ中川さん:
「こちらは中挽きと粗挽きの中間くらいの中粗挽きになります。一般のドリップ用としてよく使われる挽き目で、コーヒーの旨味をバランスよく引き出してくれますよ。

まずはこのあたりからスタートして、好みに合わせてどんどん挽き目を変えていくとよいでしょう。いそいろな種類の豆を購入しなくとも、粒度を変えるだけで自分好みの味を探すことができますよ」

【超粗挽き】味が出にくい分、あっさりとした飲み口に

Photo by macaroni

ビバ中川さん:
あっさりと飲みたい人は、さらに粗挽きに。味が抽出されにくい分、えぐみも出にくくなるため飲みやすいと思います。

また、同じコーヒーの量でもより粗い挽き目のほうが味は薄くなります。物足りない場合は、量を増やして調節しながら好みの味を見つけるのがおすすめです」

【細挽き】細かく挽くと香りも立ちやすい

Photo by macaroni

ビバ中川さん:
濃い目のコーヒーが好きな人は細挽きにしましょう。味がしっかり出るので、濃厚でどっしりとした味わいを楽しめますよ。ミルクで割って飲みたい人にも細挽きはおすすめです。

細挽きは中挽きや粗挽きに比べて香りも立ちやすく、コーヒーのアロマを存分に堪能できますが、その反面お湯が落ちにくいため抽出に時間がかかり、雑味が出やすくなるので気をつけてください」
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ