ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

教えてくれる人

Photo by macaroni

アドバンスド・コーヒーマイスター/ビバ中川さん
日本スペシャルティコーヒー協会認定アドバンスド・コーヒーマイスター。株式会社アマナのコーヒークリエイターとしても活躍中。コーヒーは“五感を刺激するメディア”と称し、バリスタにとどまらずカフェの監修や新しいコーヒーの楽しみ方を提案するなど活動の幅を広げている。自身のコーヒーネーム「VIVA(ビバ)」を冠したお店「VIVA COFFEE」が2021年4月中旬にオープン予定。

前回は「コーヒー 豆の買い方」について教えていただきました。第3弾となる今回は、ビバ中川さん厳選の「コーヒーグッズ」をピックアップ。初心者でも扱いやすくてコーヒーがおいしく淹れられる魅力的なアイテムをご紹介します!

▼これまでの連載はこちら

その1. コーヒーグッズの有無で味に影響は出るの?

Photo by macaroni

ドリップポットは自宅の電気ポットで代用したり、豆は挽いたものを事前に購入したりできますが、それでもやっぱりコーヒーグッズは必要なのでしょうか?素朴な疑問をぶつけてみました。

ビバ中川さん:
初心者がコーヒーグッズを取り入れるメリットは、味が安定しやすい点です。ドリップポットは注ぎ口が細いので、狙ったところに確実にお湯を落とせます。

初心者にありがちなのが、コーヒー全体にお湯を行き渡らせようとするあまり一度にたくさんのお湯を注ぎすぎてしまうこと。注ぎすぎてしまったお湯はコーヒーを通らずそのまま下に落ちてしまうため、味が薄くなったり雑味が出たりする原因になります」

Photo by macaroni

ビバ中川さん:
「そして、初心者の方にぜひ取り入れてほしいのがコーヒーミル!コーヒー豆は多孔質構造になっており、なかの小さな穴にコーヒーのオイルやアロマなどがたくさん詰まっています。

コーヒー豆を挽くと真っ先に抜けていくのはアロマ。味わいが変わる原因にもなります。大げさではなくコーヒーミルがあるだけで人生が変わるくらい、挽きたてのおいしさは格別です」

その2. コーヒーグッズを集めるための初期費用は?

Photo by macaroni

ドリッパーにコーヒーミルなどコーヒーグッズはさまざまあり、何を買えばいいかわからないという人もいますよね。ハンドドリップに必要な道具についてお聞きしました。

ビバ中川さん:
「主にそろえておきたいのは、お湯を注ぐ専用のポットであるドリップポット、抽出器具のドリッパー、抽出したコーヒーを受け止めるサーバー、コーヒー豆を細かく挽くコーヒーミルの4点です。

製品にもよりますが、すべての器具をそろえると、初期費用はだいたい2万円程度。ただし必ずしもすべての器具が必要なわけではなく、状況に応じてそろえるとよいと思います」

Photo by macaroni

マグカップに直接ドリッパーをセットする様子。この方法ならサーバーいらず。
ビバ中川さん:
「例えば1杯分のコーヒーしか淹れない場合は、マグカップに直接ドリッパーをセットしてもよいです。

ただしコーヒーは最初に抽出したものは味が濃く、最後は薄くなるため、2杯分以上淹れる場合はサーバーがあったほうが便利です。マグカップにそそぐ前に、サーバーを揺らして撹拌させると濃度が均一になります」

その3. プロの目から見たおすすめのコーヒーグッズは?

最後にビバ中川さんおすすめのコーヒーグッズを紹介いただきました。

コーヒーポット

ビバ中川さん:
まずコーヒーポットからご紹介します。私のおすすめはKalita(カリタ)のペリカン。コーヒーポットというと細長い注ぎ口をイメージする方が多いと思いますが、このポットはペリカンのくちばしのような形をした注ぎ口が特徴なんです

Photo by macaroni

株式会社カリタ「コーヒー達人・ペリカン1ℓ」
ビバ中川さん:
「細長いだけの注ぎ口だと空気の抜け道がない分、お湯の戻りが少し遅くなります。

ペリカンなら注ぎ口のおかげで安定して細く注げるだけでなく、湯止まりがとてもいいんです。注ぐのを止めたいときにピタッと止められるので、初心者にとっては使いやすいでしょう」

Photo by HARIO株式会社

そのほかビバ中川さんのおすすめとしてHARIO株式会社の「V60ドリップケトル・エアー」。お湯の残量が見えやすく、軽量なので使いやすい。

コーヒードリッパー

ビバ中川さん:
「続いては、コーヒードリッパー。ドリップってむずかしいイメージがあると思いますが、ドリッパーにサポートしてもらえば意外と簡単にできるんですよ」

Photo by macaroni

メリタジャパン株式会社「アロマフィルター」
ビバ中川さん:
「Melitta(メリタ)のアロマフィルターは、抽出口と呼ばれる穴が小さいうえに、ひとつしかありません。

なかなかお湯が落ちないので、一気にお湯を全部入れて待つだけでOK。しかも抽出口が少し高い位置にあるため、えぐみを落とさず毎回おいしいコーヒーが淹れられるんです。

ちょうど1杯分用のサイズなので、使い勝手もよいですよ」

Photo by macaroni

HARIO株式会社「浸漬式ドリッパー スイッチ」
ビバ中川さん:
「HARIO(ハリオ)のガラス製ドリッパーもおすすめ。下部に小さな鉄球が仕込まれていて、スイッチを切り替えると抽出口をふさげます。ドリップ中にお湯がまったく落ちないので、毎回お湯の量を一定に保つことができるのです。

1分置いてスイッチを切り替えれば、均等に圧をかけながら抽出可能なため、味がブレずにプロのような仕上がりになります」

Photo by 株式会社カリタ

そのほかおすすめに株式会社カリタの「WDC-155」。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ