ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを一…もっとみる

ペーパードリップで!おいしいコーヒーの入れ方

コーヒーを入れる方法はいくつかありますが、ペーパードリップがもっとも手軽で初心者にもおすすめです。器具も比較的安価でおしゃれなものが多いので、そろえるだけでも楽しくなってしまいます。蒸らし時間や抽出方法などによって味を変えることもできますが、まずは基本的なコーヒーの入れ方を確認していきましょう。

材料と道具

Photo by 今野 直倫(konnonaomiti)

〈道具〉
ドリップケトル
ドリッパー
コーヒーサーバー
コーヒーカップ
ペーパーフィルター……1枚

〈材料〉
コーヒー豆(中挽き)……10g
水……180cc

手順

1. ペーパーフィルターのセット

Photo by 今野 直倫(konnonaomiti)

使用するドリッパーに対応しているペーパーフィルターを用意して、セットします。ドリッパーをセットする際は、下側の部分を折りたたみましょう。折りたたんでからセットすると、ドリッパーの形とぴったり合うはずです。

2. コーヒー豆をセットして蒸らす

Photo by 今野 直倫(konnonaomiti)

セットしたペーパーフィルターに用意しておいた中挽きのコーヒー豆10gをできるだけ平らになるように入れます。セットが完了したら、90〜96度ほどの熱湯をコーヒー粉に均等に注ぎます。

この際、コーヒーサーバーに少し滴り落ちるくらいの少量の湯量を注いだら、30秒ほど蒸らすのがポイントです。

3. 2〜3回に分けてお湯を注ぐ

Photo by 今野 直倫(konnonaomiti)

蒸らしが終わったら、お湯を2〜3回に分けて注いでいきます。ゆっくりと円を描くように外側から内側にかけて抽出していきましょう。この際、フィルターに当てるようにお湯を注いだり、勢いよくお湯を注いだりするとコーヒー本来の味が楽しめなくなります。

ゆっくりと丁寧に時間をかけてコーヒー豆本来の香りと味を楽しみましょう。2分ほどが抽出完了の目安です。

4. 温めたコーヒーカップに注ぐ

Photo by 今野 直倫(konnonaomiti)

コーヒーカップはあらかじめ温めておきます。コーヒーは、温度の変化を受けやすい飲み物なので、せっかくおいしく入れたコーヒーがカップに注いだことにより冷めてしまうかもしれません。

コーヒーを蒸らしている時間や抽出の合間に余った熱湯を、準備したコーヒーカップに注いでおくとよいでしょう。温めたコーヒーカップにコーヒーを注いだら完成です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ